Amazon Echoに対抗?Appleの「人工知能スピーカー」開発が最終段階らしい

更新日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

音声アシスタント機器としてアメリカで絶大な人気を誇る「Amazon Echo」、ガジェット系ニュースでもかなり取り上げられているので知っている人も多いかと思います。

内蔵された人工知能『Alexa(アレクサ)』に話しかけるだけで音楽を再生したり通販したりと様々なアシストをしてくれる機器なのですが、Appleがこの市場に参入するかも知れません。

早ければWWDC2017で発表か

Apple製品のリークで有名なソニー・ディクソン氏は先日、Appleの内部関係者からSiriを搭載したスピーカーを開発しているという話を聞いたと発表しました。

この機器は「Siri Speaker」と呼ばれ、「Amazon Echo」のように話しかける事で様々なアシストをしてくれる機器との事です。

ディクソン氏は「デザインはすでに確定している」「Beatsがスピーカー開発に携わっている」とも話しており、モックアップないし試作品が作られている可能性を示唆。

「Siri Speaker」は全体が金属製メッシュでカバーされており、トップ(正面なのか上面なのかは不明)の凹みに操作ボタン類があるデザインとの事。

また、iOS 10.3(または11)から実装されると考えられている「シアターモード」ともなんらかの連携が取られるという見解もあります。

この場合「Siri Speaker」は単体のスピーカー機器ではなく、複数のスピーカーを制御できる親機になる可能性もあり、5.1chや7.1chといったサラウンドでiTunesで提供される映画を楽しめるかも知れません。

今の所iPhoneやiPad、Macとの連携や各種機能についてはまだ言及されていませんが、Wi-Fiなどを通じて各種iOS機器などをある程度遠隔操作ないしデータ共有等ができるのではないか、と考えられます。

「Siri Speaker」と名乗っている以上「Siri」と「iTunes」は内蔵されているでしょうし、同様の環境を持ったiOSデバイスやMacとの連携をAppleが考えていないとは思えませんからね。

早ければWWDC2017での発表もあるのでは?とAppleファンの間では噂になっているようです。

まとめ

いかがでしたか?

Appleが音声アシスタント機器を出すとあっては、現行独占状態のAmazonもその存在を無視する事はできないでしょう。

「Amazon Echo」と同様に日本語に未対応で発売開始される可能性が非常に高いですが、iOSユーザとしてはなかなか興味の湧くデバイスである事は間違いありませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事