【選手権】絵心あるライターは誰だ!?ARアプリの力を借りた結果…

投稿日:

by ロバート

こんにちは、ロバートです。

唐突ですがみなさん、絵心ありますか?

とあるテレビ番組では「絵心ない芸人」が描いた絵がむしろ芸術的!なんて言われていますが…やっぱり上手く描けたらかっこいいですよねぇ。

ということで今回は「チキチキ!かみあぷライターで絵心があるのは一体誰だ?選手権」を開催します!

※本記事は「絵が超上手く描けるアプリ」を紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

チキチキ!かみあぷライターで絵心があるのは一体誰だ?選手権

さてさっそくですが、参加するライターはyumi、ともぞう、ゆうの3名。

3人の絵心は未知数ですが…果たして一番絵心のあるライターは誰なのか?そして「画伯」はいるのか?

テーマは「いま流行っているもの」ということで、さっそく描いてもらいますよ〜!

お、どうやら書き終わったようですね。まずはゆう氏の絵から見てみましょう。テーマは「いま流行っているもの」ですよ〜。

ゆう「けものフレンズです。」

これはなかなか上手い…!ゆう氏は絵の上手なフレンズだったんだね!

続いてはともぞう氏。果たして何を描いたのか…?

ともぞう「レゴランドです。」

あれ?レゴランドって流行ってたっk…いや〜めちゃくちゃ上手い!楽しそうな雰囲気が伝わってきますよこれは。

ここまでゆう氏ともぞう氏と見てきましたが、なかなか良い勝負じゃないでしょうか?最後はyumi氏の絵を見てみましょう!

yumi「1万円札です。」

こ、これは…?

yumi「厳密に言うと、1万円札が商品として売られているメルカr」

はーい!お上手でしたねー!!!みなさん上手!これじゃ勝負つかないなー!

…しかしこの3人、揃いも揃ってなんでこんなに上手なんですかね?

実は…アプリを使っていた

実はこの3人中2人は、とあるアプリを使っていたんです。アプリを使う前に見本を見ながら普通に描いた絵がこちら⇓

いや〜ひどいもんですね^^

(ちなみにともぞう氏は見本を見ながらササッと描いていました。プロ…!)

さて、そんな絵心のない2人が上手な絵を描くために使ったアプリは『SketchAR』。

SketchAR-drawing using augmented reality
教育
無料

この『SketchAR』はARを使って絵をナビゲートしてくれるアプリ。白い紙を用意して、このように白い円を書き…

アプリのテンプレートから書きたい絵をタップすると、

こんな感じで枠が表示されるので、これを先ほど円を書いた紙に合わせます。

するとスマホ上にパンダが出現!

このスマホの画面を見ながら線をなぞっていけば、同じ絵が描けちゃうというわけです。

テンプレート以外にもカメラロールから写真を選ぶことも可能。2人が使った機能はこれだったんですね。

この『SketchAR』は、iPhoneを動かしても絵は一定位置で固定されるので書きやすいのですが、残念ながら精度はまだあまり良くないかなというのが2人一致の意見でした。

できれば白い紙をテープなどで止めて動かないように、そしてiPhoneもスタンド等を使って固定すると描きやすいようですよ。

とは言え、絵を上達させたい人にはピッタリのアプリとなっていますので、最初は『SketchAR』の力を借りながら練習すれば、少しずつ上手くなっていくはず!みなさんもぜひ使ってみてくださいッ。

ということで絵心ないライター選手権と、アプリ『SketchAR』のご紹介でした。

最後に、選手権ということで「一番絵心があったライター」の投票を行いたいと思います(1位は確定していると思いますがw)みなさんは誰が一番絵心があると思いましたか?

一番に選ばれたライターには「絵心あるライター」として新作を描いてもらいますので、ぜひみなさん投票してくださいね!


関連記事