画質は?テザリングはどうなる?追加480円で動画・音楽が視聴し放題の格安SIMの実力を調べてみた

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

外出先ではどうしても通信量が気になって、Youtubeの動画やApple Musicなどのストリーミング再生はしないように皆さん気を使いますよね。

そんな動画や音楽の通信量がオプション料金を払えばカウントされなくなるという、夢のようなBiglobeの格安SIMが11月1日よりサービスを開始しました。

かみあぷ編集部では早速SIMを申込んだので、解像度制限のある動画再生やPCからのテザリング時のカウントなど気になる点を実際に試してみましたよ!

480円からのオプション料金で動画・音楽が視聴し放題の「エンタメフリー・オプション」

今回試してたのは先日もご紹介した、Biglobe格安SIMの新たなサービスとして登場した「エンタメフリー・オプション」。

具体的には『Youtube』や『Abeam TV(近日対応予定)』の動画再生や

『Apple Music』や『Google Play Music』の音楽のストリーミング再生の通信量が一切カウントされないというのが特徴なんです。

つまりこれらの対象サービスでは、通信量を気にせず視聴し放題という訳。これが6GB以上のデータプランで音声付きなら+480円、データのみの場合は+980円で利用できるんです。

もう何も気にせずにいつでもYoutubeの動画やApple Musicで音楽を聞きたいという方には、まさに夢のようなSIMなんですが、美味しい話にはやっぱり裏がありまして…。

動画の再生の場合、再生画質が最大360pに制限されてしまうんですね。つまりちょっと粗くなるということ。

なんだ動画見放題のからくりはそういうことか…とガッカリした方もいると思うのですが、実際に試してみると実用に耐えるレベルなのかどうか気になりますよね。

そこでかみあぷ編集部では、同SIMを契約してオプションにも申し込んでみたのでその実用性を検証してみました!

Biglobeの格安SIMと「エンタメフリー・オプション」の実力をチェック

今回は実際の利用において気になる下記の内容について、検証を行います。

  1. YoutubeやApple Musicで本当に通信量カウントされない?
  2. ブラウザでYoutubeを見た場合の通信量のカウントは?
  3. 一番気になるYoutubeの画質は?
  4. パソコンからテザリングで動画を見ると通信量はカウントされる?

1. YoutubeやApple Musicで本当に通信量カウントされない?

まず最初は当たり前なんですが、本当に動画や音楽視聴で通信量がカウントされないか見ていきますよ。

検証にあたっては、「Biglobeアプリで見られる使用通信量」と「設定のモバイルデータ通信で見られる個別の通信量」で確認していきます。

まずは『Youtube』アプリで4分52秒のミュージックビデオを再生。

設定アプリ上では通信量23.1MBとなっていますが、Biglobeアプリで見ると…おおおちゃんとカウントされないない。

お次は『Apple Music』アプリで4分06秒の曲を再生。(モバイルデータ通信でストリーミング再生をオン)

設定アプリ上で通信量13.2MBとなっていますが、Biglobeアプリで見ると…これもちゃんとカウントされず通信量は増えていませんよ。

当たり前といえば当たり前なのですが、改めて目の当たりにすると動画や音楽を視聴しているのに通信量がカウントされないというのはなんとも不思議な感じです。

2. ブラウザでYoutubeを見た場合の通信量のカウントは?

『Youtube』アプリでの通信量がカウントされないことは分かりましたが、ではブラウザ上で再生した場合はどうなるのかも気になりますよね。

ということで、先程と同じ動画をブラウザ上で開いて再生してみると…

設定アプリ上での『safari』の通信量は27.3MBに対して、Biglobeアプリ上ではカウントされていません。

もしかしたら動画の通信量がカウントされないのは『Youtube』アプリの場合だけかと思ったのですが、ブラウザを使ってもYoutubeと通信しているものはカウントされないようです。

3. 一番気になるYoutubeの画質は?

さてここまではそうは言っても想定内の話ですが、やはり一番気になるのは動画の画質や読み込みのもたつきがないかという実際の使用感ですよね。

まず実際どのくらいの速度で通信しているのかから見ていくと、記事執筆時の夕方で500から700kbps程度。

数字だけ見ると遅いな…と思うのですが、実際にYoutubeアプリで再生する時は最初の数秒読み込みが入るか

ほぼ読み込み無く動画の再生が開始されましたよ。そして再生中に止まることもなく視聴する分には問題なし。

ただ肝心の画質はこの通信速度だと落としているようで、どうしても粗は目立ちます。

時間帯や場所などによっても通信速度は異なるので一概には言えませんが、見た感じ画質は240p-360pくらいでこれが許容できるかどうかが、境目になりそうです。

4. パソコンからテザリングで動画を見ると通信量はカウントされる?

最後にチェックするのはテザリングでの通信量カウント。スマホのブラウザでYoutubeがカウントされないなら、テザリングでパソコンから見た場合も行けるんじゃないかという訳です。

という訳で設定のインターネット共有をオンにして、Macと接続。

この状態でMac上で、Youtubeを再生してみました。

さて気になる結果は…カウントされてない!

と言いたいところなのですが、この後にYoutube以外にもアクセスしてちゃんと反映されているかをアプリで見ていたのですが、それでも最初9MBのだった通信量のカウントが増えなかったんです。

おかしいなあと思いつつWebから通信量を確認すると、そこでは15MBの表示が!

どうもアプリ側で通信量の表示が即時反映されていなかったようで、時間をおいてみると26MBになっていました。(途中、色々テザリングで見ていたので詳細は不明)

ということで再度、テザリングでYoutubeで再生してその後1時間ほど経ってから通信量を確認したところ…スタート前の26MBからやはりカウントはされていない模様。

Biglobeの注意書きによると「テザリングを利用した複数端末の動画・音楽の同時再生はエンタメフリー機能の対象とならない場合があります。」とあり、同時再生をしていなければカウントされないと読み取ることもできるのですが、今は出来ても今後カウントされるようになる可能性はありそうですね。

まとめ

ということで一部はっきりしない部分はあったものの、動画・音楽が視聴し放題のSIMの気になる点を検証してみましたがいかがだったでしょうか?

どうしても多少画質が粗くなるのが許せないという人は別ですが、YoutubeだけでなくApple Musicもオフライン保存しなくても聞きまくりたいという人にはやはりオススメのSIMでした。

現在docomo回線の方、もしくは6s以降で半年以上経過している方は、格安SIMに乗り換えが可能なのでぜひ検討してみて下さいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事