思ったより自然なボケ具合に期待大!iPhone 7 PlusとAndoridの「ポートレートモード」を比較した結果

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

先日発売されたiPhone 7シリーズですが、気になるのは7 Plusに今後実装が予定されている「ポートレートモード」ですよね。

一眼レフで撮ったようなボケが再現できるのが魅力なのですが、実はAndroidで同じような機能を持った端末があり、それを使って海外メディアのiMoreがiPhone 7 Plusとの比較をしていたのでご紹介します。

Appleの実力はどんなものかiPhone 7 Plusをこの機能があるから買った方、買おうか迷っている方は必見ですよ!

同じデュアルレンズでもiPhone 7 Plusとhonor 8で大きく違う

iPhone 7 Plusの「ポートレートモード」はスペシャルイベントでも紹介されていた機能で、現在iOS 10.1パブリックベータ版で試すことが可能となっています。

何よりもその魅力は7 Plusのデュアルレンズを使い、擬似的にソフトウェア処理で一眼レフで撮ったような背景がボケた写真が撮れる点

Photo by Apple

これがあるから7 Plusを買った方、買おうか迷っている方もいらっしゃると思うのですが、実はこれに近い機能を持ったAndroid端末がすでに発売されているんですね。

それがHuaweiの「honor 8」。この端末には「ワイドアパチャー効果」と呼ばれる機能があり、iPhone 7 Plus同様に擬似的に背景をぼかせるだけでなく、後からピントを調整できるんです。

両端末ともにデュアルレンズ搭載なのですが、その仕組みは異なっており、iPhone 7 Plusは1,200万画素で1つが広角カメラ、もう一つが望遠カメラに。

これらで別々の情報を取り込む事で、撮りたい物体の遠近を段階的に認識し、遠いと思われる部分から順に「ぼかし」加工を入れています。

一方honor 8はiPhone 7 Plusと同じく2つの1,200万画素のカメラを搭載しているのですが、1つが広角で、もう一つがモノクロのカメラになっているんです。

honor 8に関してはボケを再現する原理が書かれていないので詳細は不明ですが、同じデュアルレンズで背景ボケを再現できる機能がありながら中身は全くの別物。

さて、この違いがどこまで実際の写真に出てくるのか、iMoreが公開した比較写真を見ていきますよ!

技術の結晶、Appleのポートレートモード

まずはいきなりフェンスを含む景色というかなり難しい構図から。やはりどちらも左中央のフェンスがぼけてしまっていて、うまく処理できなかった模様。

ただ、iPhone 7 PlusはHDRがうまく作用して暗い背景も明るく写っています

次は室内で、光を反射するマグカップを撮影。

今回はどちらもうまく背景がぼかされていますが、よーく見てみると違いが。

手前から2列目のコーヒーカップに注目すると、honor 8は「コーヒーカップと背景」という分け方をしているのに対して、iPhone 7 Plusは「コーヒーカップ一列目⇛二列目⇛背景」とボケ具合を段階的にしているんです。

これが焦点距離の違うレンズで距離を図っているおかげなのか分かりませんが、いいぞiPhone!w

さて次の写真は野外で植物を撮ったものですが、これに関してはiMoreが「両者の違いがはっきり出ていて、明らかにiPhoneの勝利」とコメント。

ぱッと見はそこまで変わらないように見えるのですが、honorのほうは葉っぱに不自然なボケが有るのに対し、iPhoneは葉っぱの輪郭にピントがあっており、より”それっぽい仕上がり”になっています。

3枚の写真を比べてみましたが、どちらの仕上がりが良いかと聞かれれば今回の写真ではiPhoneのほうがより自然にボケを再現していたと言えるでしょう。

iMoreよると、この差は被写体との距離を測るISP(Image Signal Processor)の性能差による違いと分析しています。

また、iMoreの記者が実際に写真を撮る時に、honor 8の場合は被写体にかなり近づいて撮らないといけなかったのに対して、iPhone 7 Plusの場合は被写体からある程度離れててもポートレートモードが適用出来たともリポートしています(ただし、iPhoneの場合は240cm以上離れると警告が出るので、かなり遠くからは撮れません)

そもそも搭載しているカメラが大きく違うので、カメラの性能を単純に比較することは出来ませんが、私たちにとって大事なのは「実際に利用するとどうなのか」という点。

その点、iPhone 7 Plusのポートレートモードはかなり自然な仕上がりになるみたいで、iOS 10.1リリースがますます楽しみになりますね!

ryo
Apple

関連記事