『LINE LIVE』の生配信機能、近日中に一般開放へ! 人気のSNOW風顔スタンプも提供

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

ライブ動画配信プラットフォーム『LINE LIVE』が、近日中に提供されるアップデートで生配信機能を一般開放することが明らかになりました。

現在は、コンテンツプロバイダーと連携&協業した、人気アーティストやタレントなどが出演するオリジナル番組を中心に視聴することができます。コメントやハートを利用した生配信ならではのコミュニケーションも魅力となっていました。

一般ユーザーへの機能開放で、『LINE LIVE』はどのように姿を変えるのでしょうか!?

LINE IDさえあれば誰でも配信できる

新機能提供後は、LINE IDさえあれば誰でも簡単にライブ配信が可能になります。

コミュニケーションを拡充する新機能として有料の「ギフトアイテム」もリリース。視聴者から配信者に送ることで、従来の「ハート」機能よりも強化された演出による配信者とコミュニケーションをとれるとのこと。

「ギフトアイテム」や 視聴者数、コメント&ハート数などは、配信者へのボーナスとして計算されるそうです。

また、配信者側から視聴者側に向けては、50種類以上のSNOW風顔スタンプも提供。こちらのスタンプは随時追加される予定となっています。

ニコ生、ツイキャス、Periscope、Facebook Live、SHOWROOMなど様々な生配信機能&アプリが提供されていますが、それらを追いかけるように、インターフェイスはPeriscope、中身としてはツイキャスやSHOWROOMに似た仕組みのサービスとなりそうです。

生配信の一般開放がSNSへどのように影響するのか、果たして他のサービスを凌駕するような広がりを見せるのか……注目ですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:LINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事