カメラを向ければゲリラ豪雨の危険性が分かる!『ウェザーニュース』の新機能を試してみたぞ

更新日:

by 菊太郎

こんにちは、菊太郎です。

なんの前触れもなく、短期的に猛烈な雷雨に見舞われる「ゲリラ豪雨」。フラッと手ぶらでコンビニに行ったときに降られたりすると最悪ですよね(´・ω・)

そこで今回はそんな被害を未然に防ぐために、雲をカメラで撮影するだけでゲリラ豪雨の危険性を測定してくれる『ウェーザーニュースタッチ』の新機能を試してみました。

この機能を活用すれば、ゲリラ豪雨に襲われることが無くなるかも知れませんよ〜!

ウェザーニュース タッチ
天気
無料

ゲリラ豪雨の危険性は?

天気予報アプリでおなじみの『ウェザーニュースタッチ』に、新機能の「ゲリラ豪雨スカウター」が追加されました。

この「ゲリラ豪雨スカウター」は、AI技術を使い雲を写真に撮るだけでゲリラ豪雨の危険性を測定してくれるというもの。

それでは、実際に雲を撮影してゲリラ豪雨の危険性を調べてみましょう。

アプリを起動したら、左のタブから「ゲリラ豪雨 Ch.」をタップ。

上の緑のバナー部分を選択したら、「ゲリラ豪雨スカウター」で雲を撮影します。

雲の様子や雨の被害を選択して、コメントを書いて保存。

無事にリポートが送られ、解析結果が手元に届きました

今回はすでに雨が降っている状態だったので雲の発達レベルは解析不能でしたが、ちゃんとモクモク雲だというのが表示されていますね。

これから雨が降りそうな時は、雲の種類からゲリラ豪雨の発生確率をレベル1からレベル100で教えてくれるので、お出かけの際に役に立ちそうです。

ちなみに撮った雲の写真は「リポート」として『ウェザーニュースタッチ』内のコミュニティに公開する事ができるので、他の地域がどのような状態なのかを知ることも可能になっていますよ。

ゲリラ豪雨が心配なこの時期、この「ゲリラ豪雨スカウター」を活用して雷雨の被害を未然に防いでくださいね!

ウェザーニュース タッチ
天気
無料

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事