満を持して登場!最強の予感しかしない「Kindle読み放題サービス」が8月から開始へ

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

音楽や動画の月額定額サービスは数多くあれど、これといった決め手がなかったのが書籍やコミックなどが読み放題になるサービスですよね。

そんな読み放題系サービスについにあのAmazonが参入するという情報が入ってきましたよ。

開始は8月の予定で電子書籍・雑誌・コミックが読み放題になるこのサービス、黒船となること間違いなしです!

月額980円でKindle版の書籍・雑誌・コミックスなどが読み放題に

文化通信によると、アマゾンジャパンは月額980円で電子書籍が読み放題となる「Kindle Unlimited」を今年8月にも開始すると伝えています。

「Kindle Unlimited」はアメリカでは2014年より開始されているサービスで100万以上のタイトルと数千のオーディオブックが月額9ドル99セントで読み放題(聴き放題)になるサービス。

これの日本版がようやく日本で開始するという訳です。しかも取り扱うのはKindle版の電子書籍・雑誌・コミックなど全て

今まで日本国内だと「Yahoo!Japanブックスストア」、auの「ブックパス」など読み放題をうたうサービスはいくつかありましたが、

雑誌は新しいものの、出版社との関係があるのかコミックは古めのものしかなかったり、偏っていたりして満足いくものがなかったのが実状。

またそれ以外だと「ジャンプ+」や「マガジンpoket」などの出版社の出しているマンガを読む系アプリもありますが、無料で読めるものは限定的でした。

そんな中、日本でも「Kindle Unlimited」が始まれば、これらのサービスに影響が出るのは必須。

ましてや雑誌・コミックだけでなく、書籍まで読み放題で月額980円で使えるとなったらもう最強と言っても過言ではありません。

さらにわざとなのかAmazonジャパンには、フライングで「Kindle Unlimited」の日本版バナーが一時サイトに掲載されていたようでサービス当初の読み放題は55,000冊程度になることが判明しています。

この冊数の内訳が不明なのでほとんどが書籍なのかどうかなどが分かりませんが、先に紹介した「Yahoo!Japanブックスストア」は2万冊程度だったので、それなりの規模なのは間違いないでしょう。

まさに読み放題系サービスの黒船とも言える「Kindle Unlimited」ですが、今現在公開されているKindle版のものが全て対象になるのではなく、コンテンツ提供者が選択できる形になるとのこと。

また本サービスへの配信は、コンテンツ提供者がwebにアップした2ヶ月後に配信が開始されるという形となるようで、新刊の発売にも配慮した仕組みになっているようです。

あとは出版社がどれだけコンテンツを提供してくれるかにかかってきますが、電子書籍ではおそらく最大シェアのAmazonだけにユーザーとしては読み放題系サービスの決定版になるのは間違いありません。

もう8月のサービス開始が待ちきれいないという方も多くいるとは思いますが、かみあぷも注目していきたい本サービス。続報が入り次第またご紹介いたしますのでお楽しみに!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:文化通信

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事