消される前に!iOS 9.3の「Night Shift」モードのように画面の色温度を変えられるアプリ登場

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

パブリックベータ版が公開されているiOS 9.3にて、ブルーライトを低減できる「Night Shift」モードが搭載予定ですが、これを一足先に体験できるアプリが登場しましたよ。

今回ご紹介するのは、時間によって液晶画面の明るさや色温度を調整することができる「FlexBright」

過去にはMacアプリで画面の色温度調整で有名だった「F.lux」のiOS版がリジェクトされており、今回も削除されるかもしれないので試したい方はお早めに!

FlexBright – 明るさを時間に合わせて変えましょう
仕事効率化
360円

2016.3.9追記
2016年3月9日9:00現在、削除されてしまったのかダウンロードが出来ない状態となっております。

日の出日の入りに合わせて明るさと色温度を調整できる

iOS 9.3で搭載されると言われているのが、液晶画面の色温度を調整できる「Night Shift」モード。

Photo by Mac Rumors

画面の色温度をこのように変えることで、睡眠などに影響のあるブルーライトを低減してくれる機能なんです。

Photo by Mac Rumors

夜ふとんに入りながらiPhoneを使っていると眩しいなんて感じる人には嬉しい機能なのですが、これを一足先に体験できるのが、「FlexBright」。

明るさの設定であれば昼と夜それぞれ自分が使いたい明るさを設定しておくと、指定の時間で昼夜の設定を切り替えることができるんです。

つまり夜になったら、明るさを低めにして眩しくないように…といった使い方ができるわけです。

そしてこのアプリのメインといえるのが、色温度調整。試しに「今すぐ切り替え」にチェックを入れて、スライドバーを調整してみると…、Waemerからcoolerで画面の色が変わるのが分かると思います。

これ当然ですがアプリ上だけでなく、他のアプリを使っている時やホーム画面などOSレベルで画面の色を調整してくれるんですよ。

そしてここで調整した昼・夜の設定は、位置情報から取得した日の出・日の入り時刻と連動してプッシュ通知が届き、

その通知をタップするとアプリが起動して、指定の設定に切り替えてくれるんです。完全自動とはいきませんが、通知を開くだけで設定が変わるので面倒臭さはありませんよ。

さてどんなアプリかお分かりいただいたとは思いますが、iOS 9.3で「Night Shift」モードが出るんだから待つよという方もいらっしゃいますよね?

それは確かにそうなのですが、「Night Shift」モードはiOS 9.3を入れないと使えないのに対して、「FlexBright」はiOS 7以降なら使えるので古い端末やiOS 9にしていない方も使えるんです

「Nighgt Shift」モードは気になるけど、iOS 9にするのはなあ…とためらっていた方にはぴったりのこのアプリ。

過去にはMac用の色温度調整アプリとして有名だった「F.lux」のiOS版がリジェクトされたこともあるので、「FlexBright」も同じように削除される可能性があります。使ってみたい方はダウンロードはお早めに!

iOS 9.3の「Night Shift」をもっと知りたい方はこちらから
iOS 9.3の「Night Shift」ってどんな機能?ブルーライトについても解説するよ

FlexBright – 明るさを時間に合わせて変えましょう
仕事効率化
360円

2016.3.9追記
2016年3月9日9:00現在、削除されてしまったのかダウンロードが出来ない状態となっております。

iPhone,iPadをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone,iPadをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事