標準カレンダーアプリの便利な使い方! “和暦”表示にして今が平成何年かすぐ分かるようにしておこう

更新日:

by ハンサムクロジ


どうもハンサムクロジです。

今年は西暦2014年。では平成だと何年でしょうか……?

西暦はすぐに出てくるけど和暦がすぐに出てこない! そんな人にオススメなカレンダーの設定をご紹介したいと思います。

これで平成何年かすぐチェックできるようにしておきましょう!!

 

 


和暦表示を活用しよう!

和暦表示を適用すると、以下のように「2014年」と西暦で書かれていた部分が「平成26年」という風に和暦に変わります。

1

予定を入力する画面も、同じように「H26」という書式の和暦に変更されています。これでカレンダーを開くだけで今が平成何年なのかすぐに分かるようになるというわけです! 

2

和暦状態に変更するには、設定アプリの「一般」から「言語環境」を選択し、

3

その中にある「カレンダー」から「和暦」を選択すれば完了です。

4

忘れがちな和暦を表示させておけば、色々な場面で役にたつはず! よかったら試してみてください!!

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事