【豆知識】iOS7.0.6←この数字の意味しってる?iOSやアプリの”バージョン表記”の意味

更新日:

by yumi


こんにちはyumiです。

iOSをアップデートする度に、6.0.2とか7.0.4とか微妙に上がっていく番号。これはiOSのバージョン表記なんですが、その時によって6.1.0から6.2.0になったり、つい先日は7.0.4が7.0.6になったりと、上がっていく数字の位が違いますよね。

iOSに限らず、アプリやソフトウェアについているこの番号表記にはなにかルールや意味があるのでしょうか?今回はそんなバージョン表記の豆知識をご紹介します。


バージョン表記の豆知識

iOSのバージョンは3桁で、現在はiOS7.0.6。
35-2

アプリはそれぞれ桁数が異なりますが、大体が3桁。しかし3桁は3桁でも「.(ピリオド)」があったりなかったりします。
22-3-1

さらにPCの「Google Chrome」なんかは10桁もあり、もう訳が分からん状態に…。
DropShadow ~ ヘルプ

なんだか作る人によって好き勝手番号付けてるんじゃ…?と思いますが、実はバージョン表記に絶対のルールはなく、本当に好き勝手付けているそう。

ただし「7.0.1」のように 「A.B.C」表記の場合、

A=メジャーバージョン
見た目や操作性に影響を及ぼす大幅な変更。しかしどの程度の変更をメジャーと呼ぶかの基準はなく、作った人による。

例)iOS6→iOS7「グラフィックが一新、コントロールセンターの追加」など
25-1


B=マイナーバージョン
メジャーバージョンほどは変わらないけど、追加機能などがある場合。

例)iOS5.0→iOS5.1「Siriの日本語対応」
36-1


C=メンテナンスバージョン
バグなどの不具合修正や軽微な変更がある場合。

例)iOS7.0.2→iOS7.0.3「Touch IDが使用中の場合“スライドでロック解除”の表示を遅らせるように変更」
31

といった一定の標準を元にバージョン表記していることが多いそう。「Google Chrome」のように3桁以上あるものは、メンテナンスバージョンのさらに下に日時の数字などを入れたりもするみたいです。

ということで今回はバージョン表記に関する豆知識をご紹介しました。今までなんとなーくしてきたバージョンアップが「おっ今回は新しい機能か!?」「今回はバグの修正かー」と数字を見ただけで理解できますね!

※新サービス開始のお知らせ&ライター募集について
1 yumi(yummyumi)はこう思う!
「今回はバグフィックスのアップデートバージョンか…」とボソっとつぶやけばデキる男子になれる…かも☆
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事