標準アプリ『メッセージ』で、紛らわしすぎる「SMS/MMS/iMessage」を簡単に見分ける方法

更新日:

by yumi


こんにちはyumiです。

iPhoneに標準装備されている『メッセージ』は「SMS/MMS/iMessage」の3種類のメールが送信できる優秀なアプリ。しかし、そもそもその3種類のメールは何が違うのか、そしてどうやって見分ければいいのかが分かりにくい><

ということで今回は『メッセージ』で使える「SMS/MMS/iMessage」それぞれの特徴と、簡単な見分け方をご紹介します!


『メッセージ』で使えるメールの種類

まず「SMS/MMS/iMessage」はそれぞれ何が違うのかご説明します。
medium_7102056569
photo credit: MarkKoeber via photopin cc

    • SMSとは…Short Message Serviceの略で、電話番号同士で送信・受信できるメールサービス。キャリアにより異なりますが、送信文字数制限がおよそ70文字程度、送信料が約3円ほどかかります。

    • MMSとは…ガラケー時代から馴染みのある携帯メールがこちらです。パケット定額が適用され、ソフトバンクの「@softbank.ne.jp」やドコモの「@docomo.ne.jp」、auの「@ezweb.ne.jp」などがMMSにあたります。

  • iMessageとは…iPhone(もしくはiPod touch、iPad、Mac)同士でやり取りできるメールです。キャリアが違っても、iPhone同士なら無料で使うことができます。
この3種類のメールを使える便利なアプリが『メッセージ』なのですが、厄介なのは「3種類のメールの見分けがなかなかつかないこと」なんです…。

SMS/MMS/iMessageの見分け方

無料だと思ったのに実はSMSで料金がかかってた!なんてことにはなりたくないですよね。そこで3種類のメールを簡単に見分ける方法をご紹介します。

◆iMessageの場合
iPhoneやiPad、iPod touch同士で無料で使えるiMessageは、やり取りが青くなるので一番簡単に見分けられます。
09

さらにiPhoneの「設定」→「メッセージ」→「開封証明を送信」をオンにしておくと『LINE』の既読機能のように、送った相手がメールを開いた時に「開封済み」と出てきます。
04-1

そしてiMessageにはチャットのように、やり取りしている相手がテキストを打っていると「・・・」と吹き出しが出るので「あ、いま返信打ってくれてるんだ」と分かる機能も。
41

友だち全員iPhoneだったらいいのに…と思えるぐらいiMessageは便利!続いて、最も紛らわしいMMSとSMSの見分け方をご紹介します。

◆MMSとSMSの場合
iMessageはやり取りが青くなるので、すぐに「これはiMessageだ」と分かるのですが、SMSとMMSはどちらもやり取りがグリーンで見分けがつかない!

そんな時はiPhoneの「設定」→「メッセージ」→「文字数」をオンにしましょう。
09-1

「文字数」をオンにしておくと、SMSだった時には文字数制限が出てきますが、MMSだった時には出てきません。
54-1

ちなみに「有料だし、万が一でもSMSは送りたくない」という方は「設定」→「メッセージ」→「SMSで送信」をオフにしておけば安心です。
17

ということで「SMS/MMS/iMessage」の違いと見分け方をご紹介しました。

最近は『LINE』などのメッセージアプリが主流になっていますが、『メッセージ』は標準アプリだけあって優秀!是非使いこなして下さいね。

※新サービス開始のお知らせ&ライター募集について
1 yumi(yummyumi)はこう思う!
iMessageを使うと機能面でもUI面でもますますiPhone愛が深まりますなぁ。
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事