海外でもiPhoneを使おう!高額請求されない設定方法をご紹介します

更新日:

by yumi


photo credit: caribb via photopin cc

こんにちはyumiです。

iPhoneは対応国であれば世界中で使える便利なスマホ。しかし日本での設定のまま海外で使用すると高額請求の原因になってしまうことも。

そこで今回は、海外でも安心して使えるiPhoneの設定方法をご紹介します!


海外でも安心して使えるiPhoneの設定方法

まずは基本的な設定を変更しましょう!

1.「データローミング」をオフに
データローミングとは日本の携帯会社の電波が届かない海外へ行った時に、現地で提携している携帯会社の電波を使って通信をする非常に便利な機能。
medium_10576047413
photo credit: Janitors via photopin cc

しかしパケット定額が適用されなかったり、通話料が高かったりと高額請求の原因になるので必ずオフにしましょう。

iPhone「設定」→「モバイルデータ通信」→「データローミングをオフ」
※iPhone5以降の方は「4G/LTEをオンにする」もオフにしてください。
39

データローミングをオフにしたら、続いては「機内モード」の設定です。

2.「機内モード」をオンに
機内モードとは、パケット通信や通話機能などのすべての無線通信をOFFにしてくれる設定。

機内モードにするには、iPhone「設定」→「機内モードをオン」。これでオッケー!
40

この2つの設定さえやっておけば、高額な料金が加算されるリスクはゼロ!

しかしこれだとiPhoneで通信ができません。なので「Wi-Fi」をオンにしましょう!

3.「Wi-Fi」をオンに
アメリカやヨーロッパなどは日本よりも無料Wi-Fiスポットが多いので、これだけでも十分iPhoneを便利に使えます。

設定もすごく簡単。iPhone「設定」→「Wi-Fiをオン」に。
51-1

しかし無料Wi-Fiスポットがあまりない国や、そもそもスポットを探すのが面倒くさいという方は「海外パケット定額」がオススメです。

4.各携帯会社の海外パケット定額
Wi-Fiスポットがないところでも通信したい方は、各携帯会社の「海外パケット」を利用しましょう。
medium_10576015743
photo credit: Janitors via photopin cc

こちらが主な携帯会社の「海外パケット定額」です。


◆Softbank「海外パケットし放題」:1日あたり1,980円~2,980円
申し込みは不要。特別な手続きをしない限り、海外の対応国でそのままiPhoneを利用できます。

海外でのメールやWeb閲覧、テザリングなどパケット通信全般に対応。
またパケット使用量に応じて値段が変動するタイプのパケット定額プランなので、ちょっとだけ通信したい方もガッツリWebを見たい方も安心ですよ。

詳しくはコチラ→海外パケットし放題

現地の携帯会社への設定をサポート&常に海外パケットし放題が適用されているかどうか確認できるアプリが出ているので、こちらをダウンロードしておくと便利です。
海外パケットし放題
ユーティリティ
無料


◆au「海外ダブル定額」:1日あたり1,980円~2,980円
申し込み不要。海外の対象エリアに入ると通信できるようになります。
価格は通信量に応じて変動。

詳しくはコチラ→海外ダブル定額


◆docomo「海外パケ・ホーダイ」:1日あたり1,980円~2,980円
こちらも申し込み不要。
価格も通信量に応じて変動するタイプです。

詳しくはコチラ→海外パケ・ホーダイ

※docomoは海外パケ・ホーダイ以外に、好きな時から24時間単位で利用できる「海外1dayパケ(24時間980円~1,580円)」というサービスを提供しています。事前の申し込みが必要なので、詳しくはコチラをご覧下さい→海外1dayパケ

ということで海外で安心してiPhoneを使う方法をご紹介しました。近々海外へ行くという方は是非参考にしてみて下さいね!

※新サービス開始のお知らせ&ライター募集について
1 yumi(yummyumi)はこう思う!
iPhoneは海外で役立つアプリもいっぱいありますからね。この設定でiPhoneを使って海外旅行をさらに楽しんじゃいましょう!
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 


関連記事