iPhoneユーザーがよく使っているマップアプリはやっぱりコレ!556人を対象に利用実態調査をした結果…

更新日:

by ぷるぷる丸


こんにちは、ぷるぷる丸です!

道が分からなくなってしまった時、「地図アプリ」ってかなり重宝すると思います。GPSを起動して目的地さえ入力すれば、一切迷う心配なんていりませんからね!

さて皆さん、そんな時に1番使われている地図アプリは何でしょうか?MMD研究所にて、556人を対象に行われた「スマートフォン地図アプリに関する利用実態調査」の結果が公開されていましたのでご紹介します!



【知ってた】Googleマップの方が優勢!

MMD研究所は、2013年12月18日~12月21日にかけてスマートフォンを所持している20歳以上の男女556人を対象に「スマートフォンの地図アプリに関する利用実態調査」を行ったようです。

その結果、「Googleマップ」を使用しているのは52.2%、「Apple製マップ」を使用しているのは30.1%、「その他」が17.7%という事が判明しました! 
1-2

今回の調査結果ではGoogleマップの利用者の方が多かったようです。Apple製マップの利用者が3割程度なのは、iOS6になって未完成のまま公開された時の悪印象が残ってしまっているというのもあるかもしれません。
medium_8011406535-1
photo credit: smjbk via photopin cc

しかし、最近のApple製マップではほとんどの誤字が訂正され、3D表示も可能になっています。

そして以前の記事「【iOS純正マップ VS Googleマップ】音声ナビだけで目的地に着けるのか!?比較検証してみたよ」では、音声ナビがApple製マップの方が正確だということが判明しました。
iPhoneユーザーとしてはこれからもAppleには頑張ってほしいところです!

1 ぷるぷる丸(@purupurupps)はこう思う!
自分はApple製マップとGoogleマップを使い分けています!普通に使う時は地名の正確さや店舗名の多さからGoogleマップを使い、音声ナビではApple製を使っています。それぞれの良いところがあるので両方生かしていければ良いですね!
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事