SoftBank、iPhone以外全く売れてねぇ!! Kantar Japanが10月のiPhone販売シェアに関する調査結果を改めて発表

更新日:

by ハンサムクロジ


どうもハンサムクロジです。

以前、米調査会社Kantar Worldpanelのツイートから2013年10月のiPhone販売シェアについてお伝えしましたが、Kantar Japanが改めてその調査結果について伝えていたのでご紹介します。

その時は、iPhoneを扱う3つのキャリアのうち、ドコモにおけるiPhone販売台数の割合だけ61%だったことが明らかになっていました。今回はSoftBankとauでの調査結果も公開されています!

 


SoftBankのiPhone販売割合は驚異の97%!!

以前から国内の10月期におけるiPhoneの販売シェアが76%であり、日本最大のキャリアであるドコモの販売したスマートフォンのうち61%がiPhoneだったことは伝えられていました。

今回はそれに加えて、auでは72%、SoftBankではなんと97%ものユーザーがiPhoneを購入していたことが明らかになりました!


さすが初期からiPhoneを扱っているSoftBank。昔からのユーザーがそのまま滞在しているという可能性を含めても、ものすごい割合です。iPhone専用キャリアといった感じですな……!

今回の調査はインターネットを介して行われたもので、16歳以上の男女10,000人を対象にして行われました。iPhone 5s/5c発売直後だったとはいえ、iPhoneユーザーの多さがよく分かる調査結果でしたね!

参考:KANTAR JAPAN
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事