1秒タイマーで手ブレを防止!『OneCam』がアプデでさらに使いやすくなったぞ

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

無音シャッターカメラと言えば有名な『OneCam』が50回目のアップデートを迎え、かゆい所に手が届く新機能が追加されました。

今回追加された新機能はタイマー撮影に関するもので、今まで最短2秒までの設定が1秒に設定できるようになったんです。

この1秒タイマーを使えば、シャッターを切る瞬間の手ブレを防ぐことができますよ!

OneCam 高画質マナー 〜フリックで簡単シェア〜
写真/ビデオ
¥240

タイマー撮影に1秒設定が追加

iPhoneで写真を撮る際には画面タッチでシャッターを切るわけですが、画面を押すためどうしても手ブレしやすいですよね。

そんな手ブレを予防するために『OneCam』にはタイマー撮影には2秒設定があり、シャッターを押してからこのタイムラグでカメラをしっかり構えられるようになっていました。

ところがこの2秒が微妙に長いんですよねw 連続で写真を撮りたい時には手ブレ防止とは言え使いにくいという一面も。

そんなユーザーの声が届いたのか、加わったのがタイマー撮影のの「1秒」設定なんです。

使い方は簡単で撮影設定の歯車アイコンをタップして、撮影モードを「Timer」に変更。

すると、左側にタイマー撮影の秒数が表示されます。この数字をタップすると、好きな秒数に変更できるのでここで1秒を選べばOK。

これだけじゃ全然変わらないんじゃないかと思うかもしれませんが、いざ使ってみるとこの一瞬のタイムラグが意外に効果があることが分かりますよ。

今回のアップデートは一見地味なんですが、使ってみると効果バツグンなので既存ユーザーはもちろんのこと、まだ『OneCam』を使ったことがない方もこれを機会に使ってみることをおすすめします!

OneCam 高画質マナー 〜フリックで簡単シェア〜
写真/ビデオ
¥240

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事