Instagramに投入され始めた広告がユーザーに歓迎されている? 多くのユーザーが「いいね!」するらしい

更新日:

by ハンサムクロジ


どうもハンサムクロジです。

今月はじめからInstagramのタイムラインに配信され始めた広告が、ユーザーに歓迎されているようだとTechCrunch Japanが伝えていたのでご紹介します。

広告なのにも関わらず、かなり「いいね!」されているとのこと。なぜユーザーに受け入れられているのでしょうか?

 


広告の質がいいから受け入れられた?

記事によると、InstagramのCEO、ケヴィン・シストロムは「広告に5%以上の割合で「いいね!」が付いた」と報告。ネット上の広告がほとんど無視されるなか、驚くべき成果だと伝えられていました。

広告が受け入れられた背景には様々な理由が考えられますが、そのひとつとして写真のクオリティの高さが挙げられていました。今回配信された広告がマイケルコースの時計を美しく収めた写真だったために、「いいね!」を多く集められたのではないかとのことです。

1

宣伝する気バリバリのごちゃっとした画像が流れてくるよりも、自分のフィードで見たいと思えるような素敵な写真が流れてきたほうがInstagramユーザーの反応は良いということなのかもしれません。

綺麗な写真を楽しむというInstagramの役割を崩さない手法は素晴らしいと思いました。今後どんな広告が流れてくるのか、逆に楽しみになりそうですね!

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事