iPad Airの製造原価は274ドル!第三世代iPadより42ドルも安くなったそうだぞ

更新日:

by アプリーナ


こんにちはアプリーナです。

先日発売された「iPad Air」の予想製造原価が、274ドル(約27,000円)であることが判明しましたよ!この価格は第三世代iPadより42ドルも安いのだそう。

米調査会社IHSの調査結果として、AllThingsDが伝えていましたのでご紹介します。



第三世代iPadよりも42ドル安い?!

IHSの調査結果によると、iPad Airの製造コストは274ドル(約2.7万円)~361ドル(3.5万円)で、第三世代iPadよりも42ドル安くなっているそうです。

どうしてiPad 3よりコストが安いの?というと。

実は、ディスプレイ部分に関してはiPad 3より高価。その代わり、A7チップやバックライトLEDなど他の部品のコストが抑えられており、結果全体コストが安くなっているそうですよ。
ihs-ipad-air-tear-down-bom-cost
iPad Airの販売価格は51,800円(16GB)~81,800円(128GB)。

274ドルの製造コストが高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、旧モデルに比べ13%のコスト削減に成功した技術力はさすがですね。

1 アプリーナ(apprena_momoko)はこう思う!
それにしても、なんで比較対象がiPad 4じゃなくて3なんでしょうねえ。
参考:AllthingD
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事