1位はSoftBankでした! 発売から1ヶ月経ったiPhone 5s・5cのキャリア別販売台数シェアをBNCランキングが公開

更新日:

by ハンサムクロジ


どうもハンサムクロジです。

発売からあっという間に1ヶ月が経ったiPhone 5sと5c。そのキャリア別販売台数シェアBCNランキングが発表していたのでご紹介します。

au、SoftBankに加えてドコモも参加したiPhone販売合戦。発売1ヶ月でその戦いを制したのはいったいどのキャリアだったのでしょうか……?

 


5s・5cともにSoftBankがシェア1位に!

ランキングを公開していたBCNランキングによると、家電量販店の実売データから集計したiPhone 5s・5cのキャリア別販売台数シェアは9月20日の発売から1か月後で、SoftBankが40.0%、ドコモ33.9%、au26.1%といった比率でSoftBankが1位になっていたそうです。

1

モデルごとの内訳は、iPhone 5sが全体の77.7%でiPhone 5cが22.3%。iPhone 5sに限ったキャリア別シェアはSoftBankが38.6%、ドコモ36.5%、auが24.9%となっています。さらにiPhone 5cでは、SoftBankが44.8%、au30.6%、ドコモ24.6%と5sよりも差が開くという結果になりました。

記事では、MNP向けの各種「のりかえ割」、iPhone 4s以前のユーザーが対象の「かいかえ割」などの各種キャンペーン、「倍速ダブルLTE」や「つながるNo.1」といったキャッチコピーを利用した販売力が差につながったと分析されていました。iPhoneの販売経験の長さが勝負を分けたということでしょうか。

以上は単に選ばれたキャリアのランキングです。どのキャリアが優秀なのか結論の出せるものではありませんが、迷っているかたは参考にしてみてください!

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事