原因不明! iPhone用純正Lightningケーブルが「発火して溶ける」事案が発生

更新日:

by ハンサムクロジ


どうもハンサムクロジです。

純正Lightningケーブルもだめなのか……! 普通に充電していただけなのに、iPhone 5/5s/5c用のLightningケーブルが発火・溶解するという事案がTwitterで報告されていたのでご紹介します。

睡眠中に発生していたらと思うと恐ろしい……。原因もまだわかっていないようです。

 



PCのUSBポートに挿して30分後に発生

発火・溶解したLightningケーブルを収めた写真と、その報告ツイートが以下。Lightning端子側が黒く焦げているのが分かります。


その後のツイートによると、発火はPCのUSBポートにケーブルを差し込んで30分ほど経過した時に発生したとのこと。ゴムが燃えるような臭い、火花の発生、煙も上がったそうで、持ったら熱くなっていたとも報告されています。Appleに持ち込むともツイートしていました。

使用していたのが昨年購入したiPhone 5の付属品だったそうなので、劣化が原因とも思えますが……。Appleに持ち込んで詳しい原因が分かるといいですね……。

参考:Twitter
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事