iPhone内の写真をロスレス圧縮できるアプリ「360 Security」で空き容量を確保しよう!

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

Androidで人気の高かったアプリ「360 Security」がiPhone向けにリリースされたのでご紹介します。

Android版はアンチウィルスアプリとして有名でしたが、iOS版は写真のサイズ圧縮による空き容量の確保とバッテリー管理をメイン機能としたアプリに生まれ変わったのがポイント。

特に写真圧縮機能が優秀なので、空き容量に悩んでいる人は要チェックですよ!

360 Security
ユーティリティ
無料

ロスレス圧縮とは?

iOS版「360 Security」アプリの一番の特徴は、写真を「ロスレス圧縮」で縮小化してくれるところなんです。

ロスレス圧縮とは、「データを全く損なわずに復元できる圧縮方式」のことで、写真であれば画質を損なうことなくファイルサイズを小さくすることができるというもの。

「360 Security」はこのロスレス圧縮を写真の検出から写真の圧縮、圧縮済みの写真の削除までを、分かりやすいインターフェイスで簡単に行えるんです!

ロスレス圧縮してみよう!

アプリを起動して写真アプリへのアクセスを許可すると、メイン画面を表示されます。中央の「チェック」ボタンをタップしましょう。

写真アプリ内データのスキャンが始まり、終了すると「写真マネージャー」が開きます。ここで「圧縮可能な写真」をタップ。

すると圧縮できる写真が表示されるので「実行前/実行後」と書かれた部分をタップすると、ズームしながら画質に変化があるかどうか確認することができます!

確認が済んだら「圧縮」ボタンをタップ。圧縮済みの写真が生成されてiPhoneに保存されます。あとは圧縮前の写真を削除してしまいましょう。

さてこれでどれだけ容量を確保できたか確認したら、

最後の仕上げとして「最近削除した項目」にて削除した写真を完全に削除しましょう!

操作方法は以上です。

写真が大量にあれば、これだけの操作でかなりの容量を確保できるはず。写真がたくさんあるがためにiPhoneのストレージが圧迫されているという方は便利に使えると思います!

ただし、圧縮済みの写真はアプリ使用時に新しく生成されるものなので写真の並び順などは変わってしまいます。日付順に整理していた場合などは注意が必要です。

撮影日などのデータにこだわりのない方は手っ取り早く空き容量を増やせるので、ぜひお試し下さい!

360 Security
ユーティリティ
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事