iPhone 6でも4K並の解像度の動画を撮影する方法!

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhone 6s/6s Plusはカメラ機能も進化して、写真の画質が向上したり、動画撮影では4Kサイズの動画を撮影できるようにもなりました。

特に4K動画の撮影に関しては、旧iPhoneでは利用できず、最新機種を羨ましく感じていた方も多いはず……。

ということで今回は、iPhone 6/6 Plus、そしてiPhone 5sで4K動画を撮影する方法をご紹介します!

カメラアプリ「ProCam 3」で撮影する

iPhone 6/6 Plus/5sで4K動画の撮影をするには、サードパーティ製アプリを利用する必要があります。

オススメのアプリは『ProCam 3』。アプリ自体が500円、プラスして4K撮影機能については600円の課金が必要ということでかなりコストは高め……。

しかし4K動画を撮影できるカメラアプリは他にもいくつかあるのですが、『ProCam 3』は4K撮影以外の機能も充実していて、4K動画撮影のために課金するなら付加価値の高いアプリだと思いますよ!

ProCam 3
写真/ビデオ
¥500

ではさっそくアプリを使ってみましょう。起動したら、メニューからビデオを選択。撮影モードを選択する画面にある「4K」と書かれたボタンがあるのでこれをタップします。

すると「4K ULTRA HD ビデオ」と書かれたボップアップが表示され、右下に書かれているとおり機能を利用するには600円の課金が必要です。タップして詳細を確認し、よければ機能を購入しましょう。

課金が完了すると、撮影モード「4K」が利用できるようになっています。タップで選択。

撮影してみましょう。

撮影が完了すると、動画ファイルの処理が始まるのでしばし待ちます。

処理が完了した動画は、iPhoneの写真アプリではなく、この「ProCam 3」内の「4Kビデオアルバム」に保存されていますよ。

動画を開いて「i」ボタンをタップしてみると、まだ解像度は「3264×1836」と3Kレベルとなっているので、ここでさらに動画を処理していきます。

左下のシェアボタンをタップして、「高度なアップスケール」というボタンをタップしましょう。処理が始まります。

完了すると、解像度「3840×2160」にアップスケールされた動画ファイルがもうひとつ作成されました!

あとはもう一度シェアボタンからメニューを開き、「保存」をタップしてiPhoneの写真アプリに保存したら全ての工程は終了です!!

『ProCam 3』を使うと、以上のように4K動画を撮影することができます。

アプリ代として1,000円以上かかってしまうのと、多少処理が面倒なのが難点ですが、どうしてもiPhone 6/6 Plus/5sで4K動画を撮影したいという方には一番にオススメしたい方法です!

もしよかったらお試し下さい!!

ProCam 3
写真/ビデオ
¥500

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事