スマホでもタブレットでもAppleが圧倒的!国内シェアの調査結果が公開されました

更新日:

by ゆう

medium_4802227735
photo credit: Yutaka Tsutano via photopin cc


こんにちは、ゆう(@YuuQ8)です。

やはり日本ではAppleが強いようです。スマホとタブレットのメーカー別国内シェアの調査結果が公開されていました。ビデオリサーチインタラクティブが調査していたものです。

結果はどうなっていたのでしょうか。さっそく確認してみましょう!
 

スマホもタブレットもAppleがトップ!

この調査は、2月8日~12日の期間に日本国内の15歳~69歳までのスマホ・タブレットユーザーを対象として機種メーカー別シェアを調査した結果になります。

まずこちらはスマホの機種メーカー別シェア。
トップは33%を獲得したAppleで、2位はシャープで17%でした。また国内メーカーと海外メーカーのシェアはほぼ半々だったことがわかったそうです。さらに20代女性ではApple30代女性はシャープのシェアが相対的に高いことがわかったのだとか。

1-1


続いてタブレット端末のメーカー別のシェア。
Appleが57%と過半数のシェアを獲得し、スマホとともにトップという結果になっています。ちなみに2位はNexusを取り扱うGoogleで9%でした。

2-1


スマホもタブレットもAppleがトップを占めるという結果になっていました。スマホでは2位のシャープに約2倍の差、タブレットについては2位以下を大きく引き離しています。

世界的にはAppleとサムスンの2強だったりしますが、日本ではAppleが圧倒的ですね。今後のシェアの動きにも注目したいと思います!

ゆう(YuuQ8)はこう思う!
1やっぱりiPhone・iPadが使いやすいということでしょうか!確かにちょっと外を歩いてみてもiPhone持ってる人はほんとよく見る気がします。それにタブレットのほうは特に圧倒的。日本ではApple強いですね。


参考:ビデオリサーチインタラクティブ | プレスリリースCNET Japan

pr

ヤフープレミアムが6ヶ月無料になる裏技

タダで雑誌読み放題を試したい人向け

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事