シリア難民の子どもに食事支援を! アプリ『ShareTheMeal』でサクッと募金してみた

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

国連の食糧支援機関、国連WFPが開発した募金アプリ『ShareTheMeal』がリリースされています。

子ども1人に1日分相当の食事支援となる60円から手軽に募金できるアプリ。募金は、国連WFPの学校給食プログラムを通じて、シリア難民の子ども達へ給食を届ける活動に使われるとのことでした。

ということで、このアプリを使ってサクッと募金してみましたよ!

ShareTheMeal
フード/ドリンク
無料

クレジットカードかPayPalで募金

アプリを起動すると、中央に「ShareTheMeal」という黄色いボタンが現れます。

タップすると食事1日分の60円から1年分の21,900円まで、6つの募金額が表示されるので、好きなものを選択しましょう。今回は1食分の60円を募金してみます!

金額を選択するとSafariが起動し、支払いはクレジットカードかPayPalから行えます。

必要事項を入力して下部の「食事をシェアする」をタップしましょう。

以上で完了です。お礼の画面が表示されました。簡単ですね!

アプリメイン画面では、目標金額の何パーセントまで達成できているか確認することもできます。今のところ37%の達成率となっていました。

2015年6月から試験的にアプリが公開されていたドイツ・オーストリア・スイスの3カ国では、期間中に12万人のスマートフォンユーザーが利用し、アフリカ南部の国レソトの子どもたちへ170万食を届けることができたのだそうです。

とは言え、まだまだ継続的な支援が必要。クレジットカード情報の入力などが必要ということで少しハードルは高いかと思いますが、みなさんも協力してみてはいかがでしょうか??

ShareTheMeal
フード/ドリンク
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事