【2038年問題】今から25年後の2038年にiPhoneやAndroid端末が正常に動作しなくなるらしいぞ

更新日:

by ハンサムクロジ

トップ
photo credit: incredibleguy via photopin cc


どうも@kuroji1987です。

一時期2000年問題というのが話題になったことがありましたが、iPhoneなどのスマートフォンにもそれと似たような「2038年問題」というものが存在するのだそうです。

I believe in technologyが詳しく記事にしていたのですが、どうやらUnix系OSをベースにしたOSを搭載した端末にだけ起こる問題なのだとか。一体どんな不具合が起こるのでしょうか?

その日、その時刻がくると誤作動を起こす可能性かも

記事によると、「2038年問題」は、2038年1月19日午前3時14分7秒になった時に時刻の差を計算するソフトがバグを起こす可能性があるというものなのだそうです。

その証拠としてiPhoneでは2038年1月1日までしか日付を設定することができません! それ以降は選択不可となっています。 

1


来る2038年までこの問題が引き継がれることは無いと思いますが、こういう問題があるということは覚えておいたほうがいいかもしれませんね。


@kuroji1987はこう思う!
1この問題が対象となるのはiOSとAndroidのみで、Windows Phoneはこの限りではなく、3000年まで任意の日付をセットできるのだそうです。まぁ、でも2038年までには何かしらの対応をしてくれると思うので、あまり心配しなくてもいいんじゃないかなとも思います。とりあえず25年後をお楽しみに!


参考:エフセキュアブログ via I believe in technology

pr

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事