ついにiOSで『Firefox』が登場!『Safari』とどう違っているのか比較してみたぞ

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

人気ブラウザ『Firefox』が遂にiOSに登場しました。

Androidでは使えるのにiPhoneでは使えない状況がずっと続いていたので、リリースを待ち望んででいた方も多かったのではないでしょうか。

今回はそんな『Firefox』を、『Safari』と何が違うのかを比較してみましたよ!

Firefox Web ブラウザ
ユーティリティ
無料

ついにiPhoneにやってきた火狐

iOS用のブラウザ『Firefox』の配布が、いよいよApp Storeで開始されました。

Mac、PC、Androidなどでおなじみだったものの、レンダリングエンジンの問題でなかなかiOS版が登場しなかったため、長らくiPhoneで使うことが出来なかった『Firefox』。

他デバイスの『Firefox』にあるお気に入り、履歴、タブ、パスワードを同期させることが出来るので、『Firefox』ユーザーはようやく『Safari』や『Chrome』と同じように、iPhoneでも快適にブラウジングできるようになりました。

そんな長年待ち望まれていた『Firefox』。標準ブラウザの『Safari』とどう違っているのか、さっそく見ていきましょう!

Safariとの比較

『Safari』と比べる項目は、以下の4つ。

  • サイトの表示
  • タブ一覧画面
  • 新規タブ画面
  • 検索画面

それでは早速見ていきますよ〜。

サイトの表示

両者ともほぼ同じ感じですが、ボタンの配置が微妙に異なっています。

『Firefox』の場合、右上は”タブ”、右下は”お気に入りに追加”。

追加も削除も簡単にできるので、『Safari』よりも”お気に入り”を活用しやすそうですね。

タブの一覧画面

『Firefox』は平面的でマス目状に並んでいるのに対し、『Safari』だと立体的に並んでいます。

機能的にはほぼ同じですが、見た目の好みは分かれるところかも知れません。

新規タブ画面

『Firefox』は新規タブを開くと、検索窓の下にメニューが登場。

ここから、下記の項目に移動できるようになっているんです。

  • よく見るページ
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 他のデバイス
  • リーディングリスト

使い始めは「safari」と勝手が違って戸惑いそうですが、ショートカットのように移動できるので慣れればこちらのほうが便利かもしれません。

検索画面

ブラウザだけによく使うことになるのが検索ですが、『Firefox』は検索候補をタグ状に表示。『Safari』だと上から順に羅列される形式になっています。

そして『Firefox』で便利なのが検索した言葉をどのサイトで検索するかも選べること。例えば、検索窓に調べたい単語を入力した後に「Amazon」のアイコンを押せば、その単語でAmazonにある商品の選択が出来ちゃうんです。これは便利!

その他に「Yahoo!」や「Twitter」なども検索出来るので、検索する時間がぐっと短縮されますよ。

こうやって比べてみると『Firefox』じゃないと出来ない事はあまり多くありませんが、タブ追加からのメニューや検索ショートカットなどかゆい所に手が届く機能が満載といった印象でした。

「Firefox」を待ち望んでいた人はもちろんの事、使い勝手のいいブラウザアプリを探していた方はぜひ一度『Firefox』を試してみてください!

Firefox Web ブラウザ
ユーティリティ
無料
参考:Mozilla

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事