【無料】万が一の時も安心!連絡先をExcelにバックアップする方法

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

iPhoneに入っている連絡先などのデータはiCloudに保存してある方が多いと思いますが、クラウドなのでちょっとセキュリティ的に不安ですよね><

そこで今回は、連絡先をExcelにバックアップして自分の手元で保存する方法をご紹介。

完全に無料で出来るので、万が一のためにぜひやってみてください!

表計算形式で保存しよう

連絡先のバックアップをとるのはiCloudが主流ですが、クラウドなのでセキュリティ的にちょっぴり不安。大切なデータはやっぱり手元で保管しておきたいですよね。

photo credit: icloud via photopin (license)

そんな不安を解消するために、連絡先のデータを定番の『Excel』に保管してみましょう。

自宅にあるコンピュータのハードディスクに完全にオフラインで保存すれば、仮に何かあったときでも安心ですよ!

photo credit: IMG_0065 via photopin (license)

それでは、さっそく『Excel』形式でバックアップをとる方法をご紹介します。まずはコチラのアプリをインストール。

連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free
ビジネス
無料

アプリを起動したら「エクスポート」「すべての連絡先」「次へ」を押します。

続いて、フォーマットに「Excel」を選んだらエクスポートを開始

表計算ファイルに書き出せたので、「電子メール」でファイルを送信しましょう。

普段の『メール』と同じ要領で、宛先にコンピュータで使えるアドレスを入力したら「送信」をタップ。

送られてきたメールをコンピュータで開封。『Excel』で開くと以下の通り、ちゃんとメールアドレスや電話番号が表示されました!(※今回は表計算アプリの『Numbers』を使用しています)

これで『連絡先』のデータを、コンピュータのハードディスクに保存することが出来ます。

アプリの見た目はやや古いですが、iOS 9.1搭載のiPhone 6sでも問題なく動作しました。

iCloudで同期してあったとしてもふとしたミスでデータを失ってしまうこともあるので、もしもの時のために書き出しておくと安心ですよ。ぜひお試しくださいッ!

連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free
ビジネス
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
他にもOutlookやGmailにも書き出すことが出来ますよ(・∀・)

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事