かゆいところに手が届く!通知センターからあらゆる機能を起動させられるアプリが便利だぞ

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

iPhoneの通知センターから色々なアプリや機能へのショートカットを設置できる「ランチャーアプリ」は、様々な場面で利用できてすごく便利ですよね。

そこで今回は、通知センターから数多くのアプリや細かい機能を素早く呼び出すことができる『AirLaunch』をご紹介します!

AirLaunch – Launcher on Today Widget
仕事効率化
無料

通知センターから様々な機能を呼び出せる

今回ご紹介する『AirLaunch』は、通知センターから登録したアプリや細かい機能を直接起動させることができるランチャーアプリ。

コントロールセンターからでは、オンオフしか設定できないWi-Fiの設定も、『AirLaunch』ではオンオフの設定はもちろん違うWi-Fiに切り替えるなんてこともできます。

他にも『時計』アプリの

  • 「世界時計」
  • 「アラーム」
  • 「ストップウォッチ」
  • 「タイマー機能」

などを個別に呼び出すことも可能となっており、コントロールセンターでは少し手が届かない機能も一発で呼び出すことができるんです。

使い方はすごく簡単で、アプリを起動したら「+」ボタンから自分が通知センターに追加したいアクションを選択するだけでOK!

ランチャーに登録できるアクションは

  • 「System Action」(iPhoneの設定)
  • 「Launch App」(アプリの直接起動)
  • 「Clipboard」(クリップボード)
  • 「Custom」(オリジナルでショートカットを作成)

の4つとなっており、どれも便利なものばかり。

「System Action」は、iPhoneに標準で用意されているデフォルトアプリを呼び出すためのもので、Wi-Fiや時計機能のショートカットもここで作成できます。

さらにiPhone内にインストールされている特定のアプリを、通知センターから直接起動させることができるショートカットを作成することも可能。

また、利用したいアプリがここに表示されていない場合は、検索して探すこともできますよ。

そして「Clipboard」では、メールアドレスやURLなどの特定のワードを登録しておくことで、通知センターからいつでも文章をコピーできるボタンを設置できます。

また「Custom」は、自分でURLを指定することで特定のサイトへのショートカットボタンを作成することができる項目。アイコンも自由にカスタマイズすることが可能です。

これだけの機能を利用することができてアプリの価格は無料。通知センターがまた一つ便利になるアプリなので、皆さんもぜひダウンロードして使ってみてくださいね〜!

AirLaunch – Launcher on Today Widget
仕事効率化
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Punksteady

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事