デフォルトアプリ『カメラ』で動画をどんだけ撮影できるか試してみた。

更新日:

by ともぞう

a0002_001840

やぁ@kuroji1987だよ!

みんなiPhoneのデフォルトアプリ『カメラ』って使っているでしょうか。

iOS 5でロック画面でつかえるようになって、起動する機会も増えたんじゃなかろうかと思います。

特別な瞬間を記録したいと考えるのはみな同じですからね。

さて、じゃあそのデフォルトアプリ『カメラ』。これで、どんだけ動画を撮影できるのか?

今回はそこに迫ってみたいと思います!

※この記事は以前「えみたーず。」に掲載されていた物を再編集したものです

 

普通に考えれば容量ギリギリまで撮影できるよね


ね。できるよね。

ってことで、最初に空き容量を確認。
temita_doga_02


たぶんこの「使用可能」ってとこが空き容量でしょう。14.4GBとなっています。

これを全部使い切ることになるので、だいたい5時間くらい撮影できるのかなぁ。

迷わず撮れよ、撮ればわかるさ。いくぞー!

撮影開始、そして


さっそく撮り始めましょう。
temita_doga_03


さあ、すっかり暇です

とりあえずiPhone放置して、Twitterを数分眺めてはiPhoneの様子を見るという行為に没頭。

そして数十分後……。
temita_doga_04

「最大撮影可能サイズに達しました」って、ええ!結構早くないですか!

撮影時間を確認してみると、
temita_doga_05


▼拡大
temita_doga_07


1時間33分55秒

中途半端!!なんすかこれ。

とりあえず、撮影後のポップアップにも表示されてる通り最大撮影時間が決まっているわけでは無く、最大で撮影できる容量が決まってるみたいです。

ということは、最初の空き容量が14.4GBだったので、ここから撮影後の空き容量を引いた数字が最大撮影容量ということになりますな。

さて、空き容量はどうなっているでしょうか。
temita_doga_06


ってことは最大撮影容量は、えーっと3.7GB

中途半端!!!

結論:中途半端


ということで、撮影時間は1時間33分55秒、容量は3.7GBまで撮影できることが分かりました。

時間については撮影してるものや、撮影の仕方・状態によって変わってくると思われるので、だいたい90分前後くらいでしょうか。

講義1コマ分は撮影できるってことですな。

ということで、みなさんこれから誰かに「iPhoneってどんくらいビデオ撮れんの?」って聞かれた時、さらっと答えられるようになりましたね!

逆にさらっと答えすぎてひかれるかもしれないけど、そこは上手くやってください。




以上、@kuroji1987でした!


関連記事