えっダメなの!?メジャーリーグの試合中に”アレ”を身に付けていた監督が協会から注意される

投稿日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

アメリカのメジャーリーグ(MLB)で、カンザスシティ・ロイヤルズを優勝に導いたネッド・ヨスト監督が、野球とは別の”あること”で話題となっています。

そのあることとは、試合中にベンチでApple Watchを身に付けていたこと。そのせいで野球協会から注意を受ける事態まで発展してしまったそう。

野球の監督というと試合中に腕時計をしている人も多いと思いますが、一体なぜ試合中にApple Watchを身に付けてはいけないのでしょうか?

Apple Watchは通信機器扱いに!?

MLBのカンザスシティ・ロイヤルズの監督を務めるネッド・ヨスト氏が、試合中にApple Watchを身に付けていたせいで協会に注意されたと話題になっています。

実はMLBでは以前からベンチ内への通信機器の持ち込みが禁止されており、つい最近もレッドソックスの選手が試合中に「トイレでスマホを操作した」として出場停止処分を受けたばかり。

この件もあってか「スマホはNGでApple WatchはOKなのか?」という指摘が生まれ、今回のようなApple Watchの着用が問題視される流れになったと考えられます。

Photo credit: shinya / Foter / CC BY-ND

当の本人であるネッド・ヨスト氏は「Apple WatchはiPhoneと併用しないと通信機能を持たない」と反論していますが、認められることはなく結果的には禁止の方向で決着が付いたそう。

しかし皮肉にも、ネッド・ヨスト氏が身に付けていたApple Watchは監督就任時にMLBから贈られたものらしく、協会は自分が贈ったプレゼントを使用禁止する形になってしまった模様…。

なぜ試合中に身につけられないものを送ってしまったんでしょうか(;´Д`)w

Photo credit: dbfoto® / Foter / CC BY-NC-SA

ちなみに、日本でも野球連盟の規定によりベンチ内への通信機器の持ち込みが制限されているため、Apple Watchを試合に付けることは厳しそうです。

しかし今後さらに小型化が進みそうなウェアラブルデバイス業界。そろそろ規定の見直しも検討した方がいい気がしますね…。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:GIZMODO

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事