こんなのどう? Appleの元デザイナーが考えたロック画面のデザイン案が使いやすそう

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

みなさんはiPhoneのロック画面に満足していますか?

メッセージアプリなどの通知でいっぱいになって見づらいな、と感じたことはないでしょうか。

ロック画面に対してなにか不満を感じている方なら共感しそうな新しいデザイン案を、Appleの元デザイナーが発表していたのでご紹介します!

通知リストの代わりにアイコンを表示

以下がそのデザインです。Appleの元デザイナーLouie Mantia(ルイ・マンティア)氏が設計しました。

時間と日付が表示されるのはそのままですが、通知リストの代わりにアプリアイコンが配置されているのが特徴。通知の数はバッジで表示されています。

さらにその下では、朝・昼・夜の天候と気温をアイコンでお知らせしてくれています。

リスト形式だと文字が多くて雑然としがちですが、これならスッキリとしたロック画面が常に保たれそうです。誰もが知りたい天気情報を常に確認できるようになっているのもいいですね。

いろいろな意見がありそうですが、個人的にはリストでたくさんの文字が表示されるより見た目が分かりやすくて使いやすそうだなと思いました。

もちろんこれは「こうだったらいいな」という希望を再現したもので、未来のiPhoneに採用されるわけではありませんが、ちょっと期待したいところですねw

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:TECH Insider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事