【悲報】えっマジで!?次期iPhone、RAMが1GBのままかも…

投稿日:

by kimi

Photo credit: somegeekintn / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

おそらく来月に発表されるであろう次期iPhone。どんな機能がつくのか、あるいは新色が果たして追加されるのか…楽しみですが、端末自体のスペックも気になりますよね。

スペックはCPUやRAMなど様々な見方がありますが、あるデータベースに登場したデータから、次期iPhoneはiPhone 5時代から変わらない1GBのRAMを搭載するのではないかと噂されているようですよ(;´Д`)

GALAXY S6だと約3倍…

そもそもRAMとはなんでしょうか。コンピューターやスマートフォン、タブレットにはCPU、RAM、ROMが搭載されています。ざっくりと例えるなら、

  • CPU:作業する人 (iPhone 6だとApple A8チップ)
  • RAM:作業机の大きさ(iPhone 6だと1GB)
  • ROM:本棚(iPhone 6だと16GB、64GB、128GBから選択)

という意味に捉えられます。CPUやRAMのスペックが高いと一度により多くの作業ができ、動作が速くなり、ROMが多いとより多くのデータを保存できます。

Photo credit: CJ Isherwood / Foter / CC BY-SA

最近になればなるほど技術が発展し、iPhoneやスマートフォンに搭載されるCPUやRAM、ROMの性能は上がっていきます。

しかし今回問題になっているのは、次期iPhoneに搭載されるRAMが「多くのユーザーの期待とは裏腹にiPhone 5s時代の1GBから変わらないのではないか」ということ。

Photo credit: Janitors / Foter / CC BY

端末スペックをテストするデータベースに「iPhone 6s」と称する端末のテスト結果が登場。

そこには周波数2GHzで動く未発表のCPU「Apple A9」が稼働しているものの、RAM(Memory)は約1GBであるとの結果が掲載されています。

この診断結果が本物かどうかは分かっていませんが、次はいよいよ2GBのRAMが乗ると期待していたユーザーからはがっかりしたとの声が…。

なお他のスマートフォンと比べるとどうななのかというと…現在発売されているサムスンのGALAXY S6。こちらは3GBのRAMが搭載されています。実に3倍の容量となりますね。

Photo credit: pestoverde / Foter / CC BY

とはいえiOSとAndroidでは乗っているOSが異なるため、必ずしもそれが快適さと直結しているわけではなく、Appleが1GBでも快適に動くようにiOSを設計していれば1GBでも問題なく動くはず。

実際にどれくらいのRAM容量が次期iPhoneに乗るのかは発売されてみないとわかりません。我々にできるのはただ座して(期待しつつ)待つのみ…ということになりそうですね…><

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
Photo credit: somegeekintn / Foter / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事