“強押し”でここまでできる!? iPhone 6sの「感圧タッチ」を利用した一部機能が明らかに

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhone 6sに搭載されると噂になっている感圧タッチ機能。今までとは違ったタッチ操作になることは予想できますが、具体的な機能については伝えられていませんでした。

いったいどんな新しい操作ができるようになるのか気になっていた方も多いと思いますが、その具体的な機能について、実際にiPhone 6sを使用した人物からの情報が伝えられていたのでご紹介します。9to5Macが記事にしていました。

いったいどういう風に変わったのでしょうか!?

“強押し”をショートカットのように利用

内部で「Orb」という名前で呼ばれている感圧タッチ機能は、様々な場面で特定の機能へのショートカットとして利用できるようになるとしています。

以下のような操作例が紹介されていました。

  • マップアプリで目的地を選択して”強押し”すると、すぐに経路検索がスタート
  • ミュージックアプリで曲を”強押し”で、プレイリストへの追加や楽曲のダウンロードが可能
  • ホーム画面でアプリアイコンを”強押し”で、アプリ内の特定機能へのショートカット
  • Safari内、リンク”強押し”でプレビューなどを表示

操作完了までのタッチ数を減らしてスピーディーな操作を実現するための機能として、感圧タッチが利用されるようです!

Photo by 9to5Mac

ちなみに端末の操作性もよいとのこと。今までにない「強く押す」という操作がユーザーに馴染むようになるには少し時間がかかるかもしれませんが、iPhone 6sはそこに関する工夫もなにかしら施されているのかもしれません。

いずれにしろ、実際に利用できるようになればかなり便利になりそうです!公式な発表が待ち遠しいですね!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事