費用は100円以下!身近なものをiPhone用スタンドにする7つのアイデア

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

勉強や仕事中にiPhone置いておく時や動画を見る時などに、あると便利なのがiPhone用スタンドですよね。

需要もあるのか色んな種類のスタンドが発売されていますが、本記事では身近なものを使ったiPhone用スタンドのアイデアを7個ご紹介したいと思います。

意外なものがスタンドとして使えたりするので、読んだらぜひ試してみてくださいね!

身近なものを使ったiPhone用スタンドのアイデア

iPhone用スタンドってあると便利だけど買うまではな〜という方におすすめなのが、家にある身近なものを使ってiPhone用スタンドを作るアイデアです。

A4の紙1枚で作れる「折り紙スタンド」

手元に何もなくてもちょっとスタンドがほしいな〜と思ったら紙を探しましょう。

紙さえあれば、ちょいちょいと折っていって…

ものの数分で「折り紙iPhoneスタンド」の完成!

簡単に出来ちゃうので、折り方さえ覚えてしまえば出先でiPhoneスタンド使いたいと思った時に大活躍です。

詳しい作り方はこちら
制作時間3分!たった1枚の紙で作れるiPhoneスタンドが超便利

食べ終わった「フリスクのケース」がスタンドに変身

最近いろんな種類のタブレットも出ているなか、元祖と言えば「フリスク」。

この食べ終わったケースを分解して…

写真のように重ねてセットすれば、iPhone用スタンドになっちゃいますよ。

捨てる空ケースを有効活用できるし、フリスクの味で色も選べるのでおすすめ。

大きめの「洗濯バサミ」が横置き用スタンドに

動画見る時いい感じに横置きしたいな〜と思ったら、家に大きめの洗濯バサミがあるか探しましょう。

ガシッと背面から挟み込めば、安定感抜群のスタンドとして使えます。

洗濯バサミの形状によっては1個でうまく安定しない時もあるので、そういう時は2個使えばバッチリ!

「クリップ」が余ってたら2個使ってスタンドを作る

書類などをまとめておくのに便利な「クリップ」。これが2個余ってたらスタンドにしちゃいましょう。

クリップを写真のように挟み込んだら準備は完了。

クリップの傾斜がいい感じでiPhoneを保持してくれてます。

クリップのサイズで小さいものから大きいサイズまで自在に作れるので、家にクリップがなかったら100均で買ってくるという選択肢もありますよ。

昔の「カセットテープのケース」が縦置きスタンドとして使える

その昔CDが出るまでは音楽を聞くのに使われていた「カセットテープ」ですが、今や再生するデッキを探すのも難しくなってきましたよね。

もし家にもう聞かないカセットテープがあったら、ケースを拝借しちゃいましょう。このケースがちょうどいい具合に縦置きスタンドになるんです。

家になくて試してみたかったら、まだ100均では売っているので買ってきてみるのもありですよ。

100円ショップで買えるものを活用したiPhone用スタンドのアイデア

我らが庶民の味方「100円ショップ」にある製品も使いようによっては、スタンドに使えるものがあるのでいくつかご紹介しますね。

「吸盤付きフック」が取り外し自由なスタンドとして使える

台所やお風呂場などで使うことが多い「吸盤付きフック」。

これもiPhoneの裏にぺたーんと貼り付ければ、フックの部分が支えになってスタンドになりました。

吸盤で安定している上に、取り外しも簡単なのでおすすめですよ。今回買ったのは、3個セットで108円だったので一個あたり約36円と激安!

「ミニ額縁スタンド」はそのまま使えるスタンド

お次はフレーム入の写真やお皿などを立てかけておくための「ミニ額縁スタンド」。

使い方はそのまんまですが、縦置きでも横置きでも使い勝手は抜群!

こちらは2個入りで108円だったので、1個あたりなんと54円!コスパの高いスタンドですよ。

100均にはスマホ用スタンドも充実

手っ取り早くコスパの高いスタンドがほしかったら、もう「スマホ用スタンド」を買っちゃいましょう。

お店に寄っては品揃えにバラつきがありますがそのまんま使えるので、一度試してみるのもおすすめです。

まとめ

以上身近なものを使ったiPhone用スタンドのアイデアを7個ご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか?

案外身の回りにあるものをiPhone用のスタンドとして活用できるので、気になるものがあったらぜひ作ってみてくださいね!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事