イギリスで男性に雷が落ちる事故が発生!原因は持っていた自撮り棒(((;゚Д゚)))

投稿日:

by SHAN

Photo credit: R4vi / Foter / CC BY-SA

こんにちは、SHANです。

最近各所で使用禁止が促されている「自撮り棒」ですが、またもやマイナスのイメージが広がりそうなニュースが飛び込んできました。

なんとイギリスの国立公園内で自撮り棒を使用していた男性に雷が落ち、4人が死傷する事故が発生してしまったそうなんです。

不運な事故ですが、やはり細くて長い自撮り棒が避雷針のように電気を誘導してしまったのでしょうか…?

自撮り棒が避雷針の役割に!?

イギリスの新聞「The Telegraph」によると、ブレコン・ビーコン国立公園内で4人を巻き込む落雷事故が発生し、どうやらこの事故には自撮り棒が関係しているとのこと。

Photo credit: zoutedrop / Foter / CC BY

ゴルフクラブに雷が落ちるというニュースもあるように金属の長い棒には電気が集まりやすく、今回発生した事故では自撮り棒が電気を誘導してしまった可能性が高いそうです。

Photo credit: simbiosc / Foter / CC BY-SA

もちろん被害者の男性も雨の中わざわざ写真を撮っていたわけではなく、急激に変動する山の天候に対処しきれなかったのだろうと言われています。

今回の事故のように使用場所によっては自分に危険が及ぶケースもあるので、これからの季節海や山などのアウトドアで自撮り棒を使用する際は一層の注意を払うようにしましょう!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:The TelegraphGIZMODO

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事