「無制限」じゃなかったAT&Tに制裁金1億ドル! 誤解を招く宣伝方法に数千件の苦情

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

米国内第二位の携帯電話キャリアAT&Tに、1億ドルの制裁金が課されることとなりました。米連邦通信委員会(FCC)が発表しています。

AT&Tが提供していた「無制限」を謳ったデータプランにおいて、実際は帯域を絞り通信速度を遅くしていたことが問題になったとのこと。

なんだか日本でも最近こういった話題があったような気がしますが……。1億ドル(約122億円)の制裁金とはすごい額ですね!

数千件の苦情が寄せられる

制限があるにも関わらず「無制限」を謳っていたということで、もちろん通信速度が遅くなることはユーザーに周知されていませんでした。

GPS機能や動画視聴などが満足に利用できず、サービスを利用していたユーザーからは数千件の苦情が寄せられていたそうです。

日本国内でも、Y!mobileが「無制限」を謳って販売したモバイルルーターに突如として通信制限がかかるようになったとして話題になりました。今のところこちらは特に制裁などはないようです……。

どの通信事業会社にも、今後は誠実なサービスの提供を期待したいところですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:TechCrunch, The Verge

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事