一体なぜ!?進化し続ける自撮り棒に、”超音波付”バージョンが登場!

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

ラブラブ手つなぎ写真がとれるものや、もはや棒ではなく靴になっちゃったものなど、独自の進化を見せつつある自撮り棒。

今回ご紹介する自撮り棒も見た目こそ普通な自撮り棒ですが、ある独特な仕組みが採用されています。

それはなんと「超音波」。一体自撮り棒のどこに超音波を使うんでしょうか!?

超音波だから、設定不要で半年充電不要!

こちらの写真で使われているのが、今回ご紹介する超音波を採用した自撮り棒。一見普通の自撮り棒に見えますよね。

通常、手元でシャッターの切れる機能のついた自撮り棒はiPhoneとの接続にBluetoothが使われています。そのため、Bluetoothの初期設定が必要だったり、自撮り棒そのものを頻繁に充電する必要がありました。

しかしiPhoneとの通信に超音波を採用したこの製品なら、特に設定は不要。専用のカメラアプリをダウンロードするだけでシャッターを切れ、半年充電しなくても問題なく使うことができます。

自撮り棒としての性能も優秀で、縮めると25cmほどの自撮り棒が最長約100cmにまで伸びます。

iPhoneを固定するホルダーは180度のどの角度でも調整可能となっていますよ。

大型のiPhone 6 Plusにもきちんと対応しているのはいいですね。

セルフタイマー撮影となってしまいますが、iPhone以外にも三脚穴のあるデジカメなら取り付けは可能だそうです。

こちらの商品は現在サンコーレアモノショップで発売中で、価格は2,480円

「自撮り棒に興味はあるけど、Bluetooth接続はよくわからない…」という方や、「電池の充電をいちいちするのが面倒臭い」という方、ぜひチェックしてみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事