その数1,000万!Microsoftが全世界でWi-Fiスポットを提供とリーク

投稿日:

by kimi

Photo credit: ToddABishop / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

スマホ業界ではいまいち存在感を感じられないMicrosoftですが、やはりIT大手ということで仕掛けるサービスのスケールが違うようです。

この度、膨大な数のWi-Fiスポットを提供するサービスを開始すると噂に。その数はなんと全世界で1,000万カ所

WindowsはもちろんiOSやAndroidにも対応するとのことですよ!

Coming soonのページが…

Microsoftが世界130ヶ国で1,000万ものスポットを用意してWi-Fiサービスを開始する…という驚きな情報がなぜ明らかになったかというと、Microsoftが紹介ページをフライング公開してしまったから。

現在はとってつけたような「Coming soon」ページに変わっていますが、はっきりとページに「Microsoft Wi-Fi」と書かれているので、なんらかのWi-Fiに関するサービスを近日開始するのは間違いないとみてよさそうです。

しかしなぜMicrosoftがWi-Fiサービスをやるのかというと、2011年10月にMicrosoftが買収したSkypeに遡り…。

Skypeが提供していた「Skype Wi-Fi」という有料Wi-Fiサービスを大幅にバージョンアップしたのが今回の「Microsoft Wi-Fi」になったとみられます。

Photo credit: JeepersMedia / Foter / CC BY

今のところ、この1,000万スポットのWi-Fiサービスを利用できるのは、企業向けの「Office 365」を契約している組織の従業員、もしくはMicrosoftからのスペシャルオファーを受けた顧客などとなっており、一般ユーザが利用できるのかはまだわかっていません。

現在はドコモやau、ソフトバンクなどの通信キャリアがWi-Fiスポットを多数提供していますが、ここに来て圧倒的なスポット数を抱えてIT界の巨人が参戦するとなれば、ますますサービスの内容に競争力が生まれますね。

これから競争が激化し、利用者にとって使いやすいWi-Fiスポットが街に増えることを願うばかりです…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

kimi
Photo credit: ToddABishop / Foter / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事