聞かせるだけじゃなく撮る楽しみも!『Shazam』に画像認識機能が追加されたぞ

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

iOS 8からSiriの機能の一つとして組み込まれ、流れている曲が何か調べてくれる『Shazam』が、今度は画像認識機能を搭載することを発表しました。

今回発表された新たな機能は、撮影した画像やQRコードまでも認識することができる「Visual Shazam」というもの。

音楽だけでなく画像を認識する「Visual Shazam」ではどんな事ができるようになるのかご紹介します。

見たものを検索できる「Visual Shazam」

音楽検索サービスを提供している『Shazam』は、アプリの新たな機能として画像を認識することができる新機能「Visual Shazam」を発表しました。

この新機能は新たなプロモーション手段として使われる予定で、Shazamマークが付いている雑誌などをスキャンすることで利用できます。

使い方としてはマークの付いた画像を撮影することで、「アプリ内でAR(拡張現実)コンテンツを表示」させたり、「商品を購入できるページを表示」したりできるようですよ。

「Visual Shazam」が既に利用できるアメリカでは、ウォールトディズニーや有名アーティストとのコラボも行われており、雑誌などの専用ページを「Visual Shazam」することで曲をダウンロードすることができるなど、様々なプロモーションが行われているようです。

今後日本でもサービスが展開されることは間違い無さそうですが、例えば街中に貼ってあるポスターをスキャンしてコンプリートすると特典が貰えるとかできたら面白いプロモーションになりそう。

国内でも利用者が多い『Shazam』だけに、日本への展開が楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事