【豆知識】緊急地震速報よりも音が怖い「国民保護サイレン」!一体どんな時に鳴るの?

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

今週月曜日の埼玉北部を震源とする地震が発生した時、揺れ以上にドキッとしたのが一斉に鳴り響く「緊急地震速報」だったという方、多いのではないでしょうか。

揺れる直前で地震が来ることを知らせてくれるありがたい物なんですが、実はさらに上の国レベルでの危機が迫った際に鳴る「国民保護サイレン」というものもあるんです。

「国民保護サイレン」とは一体何なのか?そしてどんな音なのかご紹介します。

「緊急地震速報」と「国民保護サイレン」

最初に冒頭でも触れた「緊急地震速報」について、おさらいしておきましょう。

「緊急地震速報」とは気象庁が発するもので「地震の発生直後に、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる情報(気象庁サイトより引用)」と説明されています。

Photo by 気象庁

この速報には地震のもつ2種類の波のうち最初に到達するP波が利用され、被害をもたらすS波の到達前に知らせることができるという訳。

Photo by 気象庁

P波を観測した気象庁は震源地や予測震度ととも「緊急地震速報」として一斉通知する訳ですが、その時に鳴るのがこちらの音。何度聞いても心臓に良くない音ですね…。

さて、このように我々への危機を知らせてくれる仕組みは地震だけでなく、国レベルの危機が迫った時の為の警報があることをご存知でしょうか?

アメリカでは有事の事態などにオバマ大統領が全米の携帯電話へ一斉の通知できるとご紹介しましたが、これに似た仕組みが実は日本にもあるんです。

photo credit: DSC_9118 via photopin (license)

内閣官房国民保護ポータルサイトよると、「武力攻撃から国民の生命、身体又は財産を保護するため緊急の必要があるときは、警報を発令する」とあり、テロリストや他国からの攻撃を受けた時などの緊急時に一斉に通知されるとのこと。

そしてこの警報と同時に鳴るのが「国民保護サイレン」で、こんな音になっています。

「緊急地震速報」ほどのインパクトはないんですが、なんでしょうかなんとも言えない不気味さは。特に最後の音程が下がっていく辺りでジワジワ怖さを感じます…。

出来れば実際に聞く場面には遭遇したくありませんが、この音が何を意味するかを知っているだけでも違うので一度は聞いておいて下さいね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事