スマホ技術を駆使した画期的なPVが登場!”あること”をしないと見られないらしいぞ…

更新日:

by 菊太郎

こんにちは、菊太郎です。

最近ではYouTubeなどの動画サイトで気軽に音楽PVを見ることが出来るようになりましたよね。PVと言えば普通はテレビ番組などと同じで、一方的に流れてくる映像を見るだけ。

しかし今回、ある女性3人組アーティストがスマホの技術を活用した画期的なPVを発表しました。

どうやら”あること”をしないと見ることが出来ないPVのようですよ…!

そのままじゃ見ることができないPVとは?

3人組の女性アーティスト「Color-code」のセカンドシングル「Hands UP!」のプロモーションとして制作されたPV。

こちらの公式サイトから見ることができるのですが、早速アクセスしてみると…モノクロの渋谷が出てきました。

Googleストリートビューのように、360°町並みを指でグルグル動かせます。しかしPVのはずなのに音が出ません…。

と思っていると、画面中央に曲名の「Hands UP!(手を挙げろ)」の文字が!

その言葉通りに、スマホを持った手を挙げてみると…

なんと白黒だった画面がカラーになって動画が再生され始めましたよ!

アップテンポなノリのいい音楽に合わせて、カラフルな女性三人が踊りながら歌っています。

「あることをしないと見られないPV」とは、曲名通りに手を挙げないと見られないPVだった…というわけなんですね〜!

手を挙げているかどうかは、スマホのジャイロセンサーという機能によって判断されているようですよ。まさに現代の技術をフルに活用したPVと言えそうです。

見るだけじゃなくて、実際に操作することができる画期的なPV。これからも今回のように、スマホの最新技術を駆使したPVが出てくるのが楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
スマホの機能を活用していて、非常に面白い試みですね。 新しいPVの形としてインパクトが大きい! これからもこういったメディアアート的な作品が楽しみです!
参考:CNET Japan

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事