Amazonがドローン配達に関する特許を取得!今いる場所に荷物が届く時代が来るぞ

更新日:

by kimi

Photo credit: Don McCullough / Best Modern / CC BY

こんにちはkimiです。

もはや注文確定後、当日に届けることが可能となったAmazon。もはや欲しいと思ったらすぐに手に入るような時代になった…と思いきや、まだまだAmazonはやる気です。

イギリスでAmazonが申請した特許によると、現在準備を進めているドローン配達のアイディアの一つとして「今いる場所など決まった住所以外にも配達できる仕組み」を考えていることが明らかになりました。

これが実現すればキャンプに来たけど買い忘れたものがあるからドローンで届けてもらう、なんて日も近いかもしれませんよ!

「ドローンでここに届けて!」が実現可能に

 ドローンを使って荷物をどうやって運ぶんだろう?と疑問に思ったらまずはこちらの動画を御覧ください。実際にAmazonのドローンが配達しているイメージ映像を見ることができますよ。

実現までには技術的、法的制約があることが予想され、まだ時間がかかるのではないかと思われるAmazonのドローンを使った配達。

しかし、Amazonは本気で取り組んでいるらしく、このたびイギリスで特許を申請しました。

申請された特許によると、これまでのように予め登録した住所だけではなく、スマホの位置情報を用いて自宅以外の今いる場所を届け先に指定できるようになるそうです。出先で急にものが必要になった時に便利かもしれませんね。

配達するパッケージによって、複数のドローンの種類が用意されているとのこと。それぞれのドローンには、人や動物を回避するための機能が搭載されているほか、着地のためにカメラや赤外線などのセンサーも内蔵。無人配達に適した仕様になっているようです。

Amazonが最終的に目指すのは30分以内に商品を届けるということ。ピザの配達かよwと突っ込みたくなるほどの早さですが、こうなる今以上に実店舗の存在意義が問われる時代がやってきそうです。

日本ではドローンに関する法整備が始まったという段階でなかなか実現するのは難しそうですが、いつの日か日本でもドローン配達が実現される日が来るといいですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:GIGAZINE, YouTube
kimi
Photo credit: Don McCullough / Best Modern / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事