なぜかイタリアに!世界最大規模の「アップル製品博物館」がオープンするぞ

更新日:

by kimi

Photo credit: houdinifx / Source / CC BY-ND

こんにちはkimiです。

1976年に創業し、今でも世の中を変える製品を出し続けているアップル。そんなアップル製品の世界最大規模となる「博物館」がオープンすることが明らかになりました。

場所はシリコンバレーでもなく、そもそもアメリカでもなく、なぜかイタリア。どういった経緯で開館されることになったのでしょうか…?

一万点以上のコレクションを収蔵

イタリア北西部の海岸沿いにあるサヴォーナという小さな町にアップルの製品を集めた博物館が開館されます。

Photo credit: Tim Patterson / Foter / CC BY-SA

世界最大級となる1,000台以上のコンピューターをはじめとした10,000点以上のコレクションが自慢。最近のモデルというよりはiPod登場以前のレトロなMacが多いそうです。

具体的には今ではすっかりレアになった「Apple II」や「Apple III」、「eMate 300」などといったアップル最初期の端末で、実際に動くものを見られるそうですよ。

Photo credit: Marcin Wichary / Source / CC BY

どうしてこんなに多くのコレクションがあるのかというと、もともとこの町で販売されていた小売店の売れ残り在庫を保管していたからだそう。

当初は個人で保管されていましたが、このたびようやく一般の人が見られる機会を得たとのことです。

Photo credit: Marcin Wichary / Foter / CC BY

それ以外にも貴重なコレクションが寄付によって集まっており、アップルが一番最初に発売した「Apple I」の製作時にスティーブ・ウォズニアック氏が持っていた金属製の道具箱なども寄付されたそうですよ。

Photo credit: Robert Scoble / Foter / CC BY

アップル公式の博物館というわけではないですが、歴史的に見ても貴重なコレクションを見られるようになるのは素敵なことですよね!

開館予定は2015年秋頃ということですので、イタリアに行く機会があればサヴォーナを訪れてみてはいかがでしょうか?

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:ZDNet Japan
kimi
Photo credit: houdinifx / Source / CC BY-ND

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事