【ネタ】たった数百円でApple Watch 「Sport」を「Edition」にする方法が力技すぎると話題に

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

もっとも安いもので42,800円、そしてもっとも高いもので218万円と同じスマートウォッチでも価格差がかなりあるApple Watch。ざっと計算しても実に約50倍です。

そんな中、自分が買えるのはもっとも安い「Apple Watch Sport」だけど、どうしても「Edition」が欲しい!という人にぴったりな方法が見つかりました。

この方法を使えばあのゴールドに輝くApple Watchをゲットできますよ☆(ゝω・)v

価格差50倍の壁を無理やり乗り越える…

高いものでは200万円を超す高価な「Apple Watch Edition」。18Kゴールドで包まれたケースは、いかにも高級そうなイメージがありますよね。

「Apple Watch Editionは欲しいけど、さすがにそこまでお金が出せない…」という人のために、CaseyNeistatさんが一番安価なApple Watch SportをEditionにする方法を教えてくれました。早速動画をご覧ください。

作業場に現れたCaseyNeistatさん。何やら作業場のような所でGOLDと書かれた缶を取り出してきました。

ナイフを使って荒々しくApple Watch Sportを開封。「おれが使いたいのはSportなんかじゃねー!」という無言の抗議を表した開封の儀です。

するとなにやらバンドをケースから取り外し始めました。

次に青いテープを貼り、ガラスに合わせて丁寧に切り取っていきます。これはマスキングテープですかね?

そして最初に用意したGOLDと書かれた缶を振りだしました。この缶の正体はスプレー。Apple Watchのケースに向かって万遍なくスプレーしていきます。

マスキングテープを外せばApple Watch EditionそっくりなGOLDカラーなApple Watchの完成!

バンドを戻して腕にはめてみます。納得の出来に思わず満面の笑み。

あっという間に、価格差50倍の壁を突破することができました。かかったのは1,000円もしないゴールドカラーのスプレーと少しのマスキングテープのみです。

「どうしても金ピカなEditionが欲しいんだー!」という人はこの動画を参考にしてみてはいかがでしょうか?ただし、もちろん自己責任でお願いいたします…。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:YouTube via GIGAZINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事