【Apple Watch】これさえ読めば全部わかる!外観から操作方法までApple Watchまとめ ※編集後記も

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

ついに本日発売されたApple Watch!

かみあぷ編集部では計3台のApple Watchをゲットし、開封の儀から基本操作、アプリのレビューなど“Apple Watch発売祭り”をお伝えしてきましたが、本記事では「これだけ読めばApple Watchの(ほぼ)すべてが分かるまとめ」をご紹介。

“押さえておきたいポイント”も一緒にご紹介するので、これさえ読んでおけば買う前の予習はもちろん、Apple Watchの話題もドヤ顔できますよッ☆(ゝω・)v

Apple Watchまとめ

下部の記事タイトルをクリックすると『Safari』が起動し、詳しい記事が見られます。

【開封の儀】Apple Watchを外観レビュー!高級感溢れまくるデバイスは違和感ゼロ

まずはApple Watchの外観をチェック!男性にはピッタリなサイズと言えそうです。

◆押さえておきたいポイント

  • パッと見は普通の時計
  • 高級感がすごく漂っている
  • さすがApple製品

記事を読む⇛【開封の儀】Apple Watchを外観レビュー!高級感溢れまくるデバイスは違和感ゼロ

【開封の儀】一回り小さいApple Watch(38mm)!大きさの違いはどのくらい?

続いては38mmのApple Watch Sports。42mmと比べると、かなり小さく軽い!

◆押さえておきたいポイント

  • 男性には38mmは小さい
  • バンドの青色はポップすぎるかも

記事を読む⇛【開封の儀】一回り小さいApple Watch(38mm)!大きさの違いはどのくらい?

Apple Watch対応アプリを配布する「Apple Watch App Store」公開! 本体がなくても閲覧できるぞ

Apple Watchに対応しているアプリをiPhoneで確認できる『Apple Watch App Store』。まだApple Watchを買おうか迷っている方は、ここを覗いてみるといいかもしれませんね。

◆押さえておきたいポイント

  • iPhoneのApp Storeとほぼ同じレイアウトで探せる
  • 購入前の予習にピッタリ

記事を読む⇛Apple Watch対応アプリを配布する「Apple Watch App Store」公開! 本体がなくても閲覧できるぞ

【Apple Watch】デジタルクラウン?感圧タッチスクリーン?Apple Watchの基本操作をご紹介

Apple Watchの操作は「デジタルクラウン」「サイドボタン」「感圧タッチスクリーン」の3つで行います。小さい画面でも操作が簡単なように設計されていますよ。

◆押さえておきたいポイント

  • 竜頭のようなデジタルクラウンが”時計感”を出している
  • 感圧タッチスクリーンの精度は抜群
  • 拡大・縮小もデジタルクラウンでラクラク操作

記事を読む⇛【Apple Watch】デジタルクラウン?感圧タッチスクリーン?Apple Watchの基本操作をご紹介

【Apple Watch】標準アプリレビュー!電話やカレンダーなどよく使うアプリ編

Apple Watchには標準アプリとして20のアプリが搭載されています。その中でも「特によく使うアプリ」をレビュー。iPhoneとの連携がうまくされていますよ。

◆押さえておきたいポイント

  • メッセージやメールは基本テンプレ返信のみ
  • 長引きそうな電話は通話中でもApple Watch→iPhoneに転送可能
  • カレンダーは予定がリスト表示される
  • マップは経路案内時に振動で右左折を教えてくれる

記事を読む⇛【Apple Watch】標準アプリレビュー!電話やカレンダーなどよく使うアプリ編

【Apple Watch】標準アプリレビュー!ヘルスケア系アプリ編

Apple Watchのメイン機能といっても過言ではないヘルスケア系アプリ、『アクティビティ』&『ワークアウト』。消費カロリーやエクササイズの時間などを記録・確認できます。

◆押さえておきたいポイント

  • 『アクティビティ』では、座りっぱなしの状態で1時間経つと「立ち上がって」と通知が来る
  • 消費カロリーやエクササイズした時間を計測してくれる
  • 『ワークアウト』では各運動別に目標を定め、ゴールの達成度合いを計測してくれる
  • 両アプリの記録はiPhoneに保存され確認できる

記事を読む⇛【Apple Watch】標準アプリレビュー!ヘルスケア系アプリ編

今すぐ予約購入できる!Apple Watch関連のアクセサリーまとめ

Apple Watchを購入したら用意しておきたいアクセサリーをご紹介。スタイリッシュな充電スタンドや傷から保護してくれるケースが盛りだくさん。

◆押さえておきたいポイント

  • Apple Watch発売前から発表されていたスタンドが予約購入可能に
  • 保護シートやアーマーケースで頑丈に守れる

記事を読む⇛今すぐ予約購入できる!Apple Watch関連のアクセサリーまとめ

 【Apple Watch】標準アプリレビュー!ツール系アプリ編

カメラやSiri、RemoteなどApple Watch特有の使い方ができるツール系アプリをご紹介。特にカメラリモートやミュージックなどはApple Watch単体で使えるので重宝しそうです。

◆押さえておきたいポイント

  • Siriは喋らない
  • ミュージックは2GBまで
  • カメラはiPhoneのシャッターとして使える

記事を読む⇛ 【Apple Watch】標準アプリレビュー!ツール系アプリ編

【Apple Watch】標準アプリレビュー!地味だけど意外に役立つアプリ編

最後は「これ使うの?」と思いがちなアプリ。しかし『タイマー』や『天気』など、地味だけど意外と役に立ちますよ!

◆押さえておきたいポイント

  • タイマーやアラームはiPhoneと連動可能
  • 基本はiPhoneと変わらない機能が使える

記事を読む⇛【Apple Watch】標準アプリレビュー!地味だけど意外に役立つアプリ編

おまけ

Apple Watchのまとめ記事いかがだったでしょうか?

本日は42mmの「Apple Watch」最速開封の儀に始まり、標準アプリのレビューまでお祭り状態でお送りしたんですがその影で私も一番人気とされる42mm「Apple Watch Sports」のスペースグレーを入手していたんです。

そんな訳で発売日初日にレビュー記事を書きながら、半日ほど使ってみた感想をご紹介したいと思います。

まずは見た目。Sportsモデルはケースがアルミニウム製ということで、安っぽいと言われていました。しかしながらスペースグレーはケースに色が付いていることもあり、他のカラーに比べるとそこまで気になりません。

そして、エラストマーバンドの触り心地がすごい良くて、着け心地が最高なんです。

バッテリーの持ちやサードパーティ製アプリの使用感など使い込んでみないとわからない点も多いですが、現時点での率直な感想はよくも悪くも腕時計だなといったところ。

ところで…一番人気であるはずのこのモデルを入手しているなら、ふつうこれを開封の儀に使いますよね?

その予定だったんです。今朝までは…。

私がApple Watchを予約したのはこちらの記事でご紹介した新宿伊勢丹。

発売日に入手出来ることも分かっており、かみあぷとしては10:30開店で商品を受け取ってその場で写真を撮るという段取りをしていたんですが、予想外に社内で個人的に注文していた方の42mm「Apple Watch」が9:00に到着。

追い打ちをかけるように、当日販売分は絶望的と言われていたのにヨドバシカメラで38mm「Apple Watch」が普通に買えてしまうというサプライズまで。

お分かりですね?伊勢丹の10:30開店を待っていた私の役目はそこで終了ww 現地でレビュー用の写真を撮る必要もなくなり虚しく商品を受け取って帰ってまいりましたとさ。

俺のApple Watchがばしっと記事を飾るはずだったのに、ちくしょおおおおおおww

今後はこの悔しさをバネに「42mmと38mmでバッテリーに差はあるの?」「本当に買ってよかった?」など気になる話題をドシドシお送りしますのでお楽しみにッ!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事