【流出】楽天、LINE、Amazonのパスワード変更方法 & パスワード設定時の注意点まとめ

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

先日、産経ニュースが、プロキシサーバー業者の中継サーバーに約506万人分のID・パスワードなどの個人情報が保存されていたと報じました。

それらのIDやパスワードを使い、楽天、LINE、Amazonの3社に接続した形跡があったことが警視庁サイバー犯罪対策課の調べで分かったそうです。なんとも恐ろしい事態ですね…。

ということで今回は、それら3つのサービスのパスワード変更方法と、パスワードを設定する時の注意点をまとめて解説したいと思います!!

1.楽天

まずは楽天から。トップページを開いて右上の「ログイン」をタップ。アカウント情報を入力します。

ログインが完了すると右上のボタンが「会員情報」に変わるのでタップ。次のページで「会員情報の変更」を選択します。

さらに「会員情報変更・確認」をタップ。開いたメニューから「パスワードの変更」を選択し、新しいパスワードを入力したら完了となります!

2.LINE

LINEはアプリで設定を変更します。下部の「その他」タブから「設定」を選択。メニューの「アカウント」をタップします。

「メールアドレス変更」をタップして、さらに「パスワード変更」を選択。

次のページで新しいパスワードを設定して完了です!

3.Amazon

最後はAmazon。こちらも楽天と同じくAmazonトップページから設定を行います。

まず、右上の「サインイン」をタップしてAmazonにログイン。

ログインが完了したら、ページ下部の「アカウントサービス」をタップ。次のページで「名前、メール、パスワード管理」を選択します。

現在のパスワードの「編集」をタップし、新しいパスワードを入力したら完了となります。

パスワードの変更方法は以上です!

パスワード変更時に気をつける点

アカウントパスワードは変更すれば良いというものではありません。安全性が高い状態のものを設定しなければ意味がないのです。

以下にあげる5つの条件を満たしたパスワードを設定しましょう!

  • 「1234」「0000」「abcd」などといった分かりやすい文字の羅列を使わない
  • 生年月日や住所、自分や家族の名前、車のナンバーなど、個人情報に関わる数字を使わない
  • 他のサービスで同じパスワードを使いまわさない
  • 文字数を増やして長いパスワードにする
  • 文字の種類を増やして複雑なパスワードにする

自分でパスワードを考えるのが面倒な方は、「1Pasword」などのパスワードアプリを使って難解なパスワードを生成して使うのも良いかもしれません。

Twitterでも、アカウントを乗っ取られてのレイバンテロなんてのが流行っていたりします。アカウントID・パスワードの管理にはくれぐれも注意しましょう!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事