iPhoneのフル充電が秒速で可能に!新たに開発された「アルミニウムバッテリー」の凄さとは

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

現在、iPhoneをはじめとした電化製品の電池の主流として使われている「リチウムイオンバッテリー」に取って変わる存在として、新たに「アルミニウムバッテリー」が開発されました!

この技術がiPhoneに導入されれば、60秒でのフル充電も可能なほか、安全性能の面でも様々なメリットがあるそうです。

そんな「アルミニウムバッテリー」とは、一体どのようなものなのでしょうか。詳しくご紹介します!

リチウムイオンを遥かに上回る性能!

現在iPhoneをはじめとする多くの電化製品に使われているリチウムイオンバッテリーは、一気に電力を放電する大電流放電や過充電に弱く、発熱することもあるため発火事故なども報告されています。

確かに電池を消費するアプリを使っていると本体がとっても熱くなったりしますよね…。

それに対し、今回スタンフォード大が発表したアルミニウムバッテリーは、発電中に実験用ドリルで電池に穴を開けても温度の上昇がみられないほど安全な電池なんだとか!

他にもリチウムイオンバッテリーには、500回充電を繰り返すと電池が劣化してしまい、フル充電しても本来の80%の容量しか使用できなくなるという特性がありますが…

この点においてもアルミニウムバッテリーでは、7,500回充放電を繰り返した場合でも電池容量の劣化は見られなかったそう。

そしてアルミニウムバッテリーにおいて何より素晴らしいのがその充電速度

現状のアルミニウムバッテリーは乾電池1本分の電気を蓄電できる能力を持っており、これはiPhoneの充電%に換算すると約20%分。その20%をなんとたった60秒で充電できるんだとか!

もし今すでにアルミニウムバッテリーがiPhoneに搭載されていたら、フル充電がたった5分で出来てしまいます…。

もちろんこの充電速度や蓄電容量は現段階のものなので、これからさらに改良されれば「フル充電にかかる時間は1分」なんてことも夢ではありません…!

しかもアルミニウムバッテリーは生産コストがリチウムイオンバッテリーよりも低いということなので、スマホがより便利に、よりリーズナブルになること間違いなし。

早急な実用化に向けて頑張って頂きたいですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Stanford News via Gigazine

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事