週末DIY第2弾!Amazonの段ボールを再利用して「ケーブルボックス」を作ってみよう

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

iPhone、iPadやモバイルバッテリーなど充電するものが多くなってくると、いつの間にかコンセント周りがコードだらけになっちゃいますよね。

そこで前回のAmazonの段ボールを再利用したDIYに引き続き、今回は「充電ケーブル類をスッキリ収納できるケーブルボックス」を段ボールで作っちゃおうと思います。

余った段ボールも有効活用できて、コンセント周りもスッキリ。週末はDIYしちゃいましょう!

捨てるはずのAmazonの段ボールがケーブルボックスに大変身

Amazonの段ボールってしっかりしていて商品を送ってもらう分には安心なんですが、いつの間にかたまってしまって、捨てるのが大変。

そんな捨てるしかない段ボールを再利用して実用品に買えちゃうテクニックをいっぱい紹介されているのがマゴクラ magocraftさんのサイトです。

今回はその中から充電器のケーブルで煩雑になっているコンセント周りを、「すっきり整理できちゃうケーブルボックス」に挑戦しますよ。

それではみなさん、はさみとカッターの準備はいいですか〜?

 

型紙を使ってだれでも簡単段ボールDIY

今回使う段ボールはこちらの「XM02」と書かれたサイズのもの。

参考にさせていただいたマゴクラ magocraftさんの記事では「BX0110」を使っていたので、ある人はそちらで大丈夫ですよ。

まずは最初に下準備。宛名などのシールや開け口についた段ボール、中敷き用のノリなどを丁寧に剥がしましょう。

お次はマゴクラ magocraftさんのサイト特製の型紙を印刷して、段ボールに貼り付けます。

貼り付け終わったら、書かれた線に沿って段ボールをカッターで切り出し。

後は完成写真を参考にしながら組み立てていけば、およそ1時間程度で無事に完成!

中に入れる土台で空間ができているので、排熱もちゃんと配慮されていますよ。

さっそく、コンセントを入れていけば…

あんなにごちゃごちゃしていたコンセント周りが、か・な・り、スッキリ〜!!

しかもちゃんとコードを引っ掛けておく溝も付いているので、コードの保持もバッチリです。

前回に比べ形状が複雑だったので心配だったのですが、印刷して使える原寸大の型紙があったので、綺麗に作ることができました。これなら誰でも失敗せずに作れちゃいます。

そういえば家にAmazonの段ボールがあったな…という方はこの週末に段ボールDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか?段ボールの再利用であなたもエコに貢献ですよ!

▼Amazon段ボール再利用の第一弾「A4ファイルケース」を作ってみたい方はこちらの記事を御覧ください。
週末はDIY!余ったAmazonのダンボールを実用品にしちゃう方法

 

※今回製作したケーブルボックスは排熱に考慮し、背面に大きく穴が開いておりますが、使用状況によっては火災の原因となる場合があります。製作にあたっては自己責任でお願い致します。
段ボールは発火点が高く(260〜430度程度)、パソコンのケースとして使われている製品も存在しております。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事