かがんだらボン! iPhone 5cがポケット内で爆発する事故が発生

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

2015年半ばにも販売終了されると噂のiPhone 5cが、ユーザーのポケットの中で爆発するという事故が発生しました。

事故が発生したのはアメリカはニューヨーク。使用していたエリック・ジョンソンさんは、火傷を負って10日間ほど入院することになったのだそうです。

なぜ、充電中でもないiPhoneが突然爆発したのでしょうか?

iPhoneに負荷がかかったのが原因か

伝えていたABC7によると、iPhone 5cの爆発は、男性が落とした鍵を拾おうとしてかがんだ際に起きたとのこと。

エリックさんが”かがんだ瞬間”にiPhone 5cへ大きな負荷がかかり、バッテリーが損傷した結果爆発が起きたものと予想されていますが、Appleからもコメントはなく、原因ははっきりしていません。

iPhone 6/6 Plusは尻ポケットに入れていると曲がってしまうと言われ、実際に手で曲げてしまう実験を行う人まで現れました。

実はiPhone 6/6 PlusもiPhone 5cと同じように、負荷によっていつ爆発してもおかしくない状況だったのかも……?

いずれにしろ、スマートフォンを始めとした電子機器はもっと丁寧に扱う必要がありそうです。バッテリーの損傷などが起こらないよう、できるかぎり注意したいですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:ABC7

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事