圧倒的じゃないか我が軍は!なんとiPhoneがスマホ市場の利益で”全体の93%”を占めた模様

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

ジョブズが去ってからのiPhoneはイマイチだ…なんていう人もたまにいますが、利益を見る限りではアップルの存在感はまだまだ圧倒的みたいです。

なんと昨四半期ではアップルがスマホ市場の利益で、全体の93%を取っていたことが判明しました。iPhone 6と6 Plusの好調な売り上げによってもたらされたものだそうですよ!

iPhone 6/6 Plusでアップルが圧倒

アナリストがAppleInsiderに公開した情報によると、昨四半期のアップルが売り上げたiPhoneはなんと7450万台。1四半期は3ヶ月なのでこれはすごい数字ですね。

photo credit: iPhone 6 via photopin (license)

特に昨年発売された、より画面の大きいiPhone 6/6 Plusは、これまでのiPhoneよりAndroid端末を使っていた人を引き付ける効果があったそうです

そして得られた利益は、スマホ市場の93%を占めるほど。ほぼ独占状態とは驚きですね…!

一方でサムスンの得た利益は9%。アップルの93%と足すと100%を超えてしまいますが、これは他社の中には「売れば売るほど赤字になってしまう端末」を売っているからだそうです。なかなか世知辛い世の中ですね…。

本来ならば、より優れた機能をつけることで他社との差別化をすべきですが、実際のところは端末を安くしないと消費者に受け入れてもらえず、安くすると利益が出ないという事情もありそうです。

その点アップルはデザインに妥協せず、高い端末を堂々と売り続けてかつ消費者に受け入れられているのはさすがというところでしょうか。

競合他社はたくさんありますが、これからもアップルにはこうした快進撃を続けてもらいたいものですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:AppleInsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事