通信量節約! SafariからChromeブラウザに乗り換えるなら覚えておきたい小技・便利技まとめ

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

最近iOS向けブラウザアプリ『Chrome』が”通信量の節約になる”と話題に!(参考:いつもマイナーチェンジ!

しかしiOSは、デフォルトのブラウザアプリをSafariから変更することができないため、他アプリとの連携などChromeに乗り換えた場合に不便な点が多くあります。

そこで今回は、乗り換えた時のストレスを少しでも減らすための小技・便利技をまとめてご紹介したいと思います。

乗り換えを検討されている方はぜひ覚えておいてください!!

Chrome
ユーティリティ
無料

通信量を節約するならChrome!

Chromeアプリには、ウェブページのデータを圧縮して通信量を節約してくれる機能があります。

設定するには、アプリ右上の点3つをタップしてメニューを開き、「設定」を選択。開いたページで「帯域幅」を選びます。

「データ使用量を節約」を選択して「オン」にすれば完了です!

これでChromeを使ってウェブページを閲覧する際に、ある程度通信量を節約してくれるようになります。

リンクをChromeで開けるアプリを利用しよう

通信量の節約に便利なChromeですが、デフォルトのブラウザアプリにはならないため、他のアプリとの連携がイマイチです。

他のアプリで見ているページをブラウザアプリで開きたい時など、ほとんどの場合は「Safariで開く」という項目しか用意されていません。

しかし、中にはChromeと連携し、URLを開く際の選択項目として追加できるアプリも存在します。

Twitterクライアントアプリであれば、「Tweetbot」や「feather」が便利です。これらは、URLを開くデフォルトブラウザを設定でChromeに変更することができます。

その他、Googleがリリースしているアプリであれば、そのほとんどがデフォルトで外部ブラウザとしてChromeを利用するような仕組みになっています。

YouTubeやGoogleマップ、Google+、Inboxなどのアプリをよく利用しているなら、ストレスなくChromeが利用できるはず!

Chromeを使うなら、こういった連携アプリを覚えておくのがオススメです!では、Chromeと連携しないアプリをどうしても使いたい場合はどうすればいいでしょうか。

そんなときは、Safariで開いたページをChromeに受け渡す方法を覚えておくと便利です。

Safariで見ているページをChromeで開く(ブックマークレット)

方法は2つあります。まず1つめは、ブックマークレットを利用する方法。

適当なページをブックマークして名前を「Chromeで開く」などといったものに変更し、そのブックマークのURLを以下の文字列に書き換えましょう。詳しい設定方法はこちらのページをチェックしてみてください。

javascript:location.href=”googlechrome”+location.href.substring(4);

あとはChromeで開きたいページで、下部メニューのブックマークボタンからブックマークレットを選択してください。

これだけで見ているページを簡単にChromeに渡すことができます!

Safariで見ているページをChromeで開く(Workflow)

次に2つ目の方法として、以前紹介したことのある便利アプリ「Workflow」を利用する方法があります。

アプリをダウンロードしてこちらのリンクを開いて、「GET WORKFLOW」をタップしてください。

「Open In Chrome」というワークフローがダウンロードされるので、あとはSafariでメニュー中央のボタンをタップし、「Run Workflow」というボタンを選択。

一覧にある「Open In Chrome」をタップすれば、閲覧していたページがChromeで開きます!

専用のアプリが必要ではありますが、何かと便利に使えるアプリですのでダウンロードしておいても損は無いはず。オススメです!

Workflow
仕事効率化
¥500

コピーしたURLをChromeで開く

Safariで開いたページをChromeで開き直すのが嫌な方には、URLをコピーしてから2タップでChromeで開く方法をご紹介します。

こちらも先ほどご紹介した「Workflow」というアプリを利用します。アプリをダウンロードしたらこちらのリンクを開いて、「GET WORKFLOW」をタップしてください。

アプリに「Chrome」というワークフローが追加されるので、これを選択。右上にある歯車マークをタップします。

開いたページから「Add to Home Screen」を選択しましょう。

Safariが起動するので、メニューから開いたページを「ホーム画面に追加」します。

あとはTwitterアプリなどでURLをコピーして、ホーム画面に追加したアイコンをタップすればオーケー。

コピーしたURLをChromeで開いてくれます!

Workflow
仕事効率化
¥500

ひと工夫でChromeが起動しやすくなる!

以上のような工夫をすることで、Chromeを使うのがグッと楽になるはずです。

いろいろと面倒な設定もありますが、通信量を節約したい場合などぜひ参考にしてみてください!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事